ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」が11月20日ロードショー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2012年の公開以来、世界的なメガヒットを記録し続けてきた「ハンガー・ゲーム」シリーズの第4作目であり、完結編となる「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」が本日11月20日(金)に全世界同時公開された。
 
「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」が11月20日ロードショー

ハンガー・ゲームは、これまでシリーズ3作品で全世界興行収入が23億ドルを突破したヒット作。
文明が崩壊した近未来アメリカを舞台に、殺し合いのゲームに参加させられた少女の活躍を描いた。今作では、独裁国家パネムへのレジスタンスの象徴的存在となった主人公・カットニスが、パネムのスノー大統領暗殺に挑んでいく。本格的なアクションシーンは然ることながら、予測不能の衝撃的な展開からも目が離せない内容となっている。
 
「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」が11月20日ロードショー

<STORY>
カットニス(ジェニファー・ローレンス)率いる第13地区の反乱軍はついに、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)が支配する独裁国家との最終戦争に突入。ゲイル(リアム・ヘムズワース)、フィニック(サム・クラフリン)、そしてピータ(ジョシュ・ハッチャ—ソン)を従え、カットニスは、スノー大統領暗殺作戦を決行。しかし、カットニス抹殺の念に憑りつかれたスノーは、それを見越していたのだった。反乱軍は、死のトラップ、無数の敵に直面。そして、これまでのどのゲームの戦闘よりも困難で非道徳的な決断を迫られるのだった。

戦い続けた少女が行き着く衝撃のラストを見逃さずに!

■映画「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」
公開日:2015年11月20日(金)
キャスト:ェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ジュリアン・ムーア、サム・クラフリン
監督:フランシス・ローレンス(「アイ・アム・レジェンド」「ハンガー・ゲーム2」)
原作:スーザン・コリンズ 「ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女」(KADOKAWA刊)

「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」公式サイト
http://hungergames.jp

Photo Credit Murray Close/TM&(C)2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。