体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

19日開業! 万博記念公園に登場した「EXPOCITY」をレポート

19日開業! 万博記念公園に登場した「EXPOCITY」をレポート

11月19日、日本最大級の複合施設「EXPOCITY」が大阪府吹田市の万博記念公園に誕生する。8つの体験型エンターテインメント施設と、305店舗が集まる「ららぽーとEXPOCITY」を有し、関西圏での注目度も高い。報道向け発表会を取材したので、詳細をご紹介しよう。
8つのエンターテインメント施設と巨大ショッピングモールが合体

三井不動産が開発するEXPOCITYは、そのネーミングの由来となっている日本万国博覧会 「EXPO’70」の会場跡に誕生する大型複合施設。45年の時を経た今もシンボル「太陽の塔」がそびえ立つ万博記念公園は、桜・紅葉など季節のイベントや野外音楽フェスティバルが毎年行われ、関西圏の人々に親しまれてきた場所。その一角が、これまでなかった「エンターテインメント」&「ショッピング」の一大拠点として生まれ変わり、再びにぎわいが戻ってくるのだ。

EXPOCITYのコンセプトは「『遊ぶ、学ぶ、見つける』楽しさをひとつに!」。教育とエンターテインメントが融合した新しいエデュテイメント施設やミュージアムといった、8つの体験型エンターテインメント施設が誕生することが大きな特徴(一部は来春開業)。新たな観光スポットとして、国内だけでなく海外からの集客も期待されている。

もうひとつの核となるのが、305店舗が出店する「ららぽーとEXPOCITY」。ハイセンスファッションから日常使いの雑貨、食料品までそろう巨大ショッピングモールは周辺住民からも大きな注目を集めている。

【画像1】「太陽の塔」は大阪モノレールをはさみ、すぐ向かい側。モノレールにはラッピング車両も登場し、とても盛りあがっている!(写真撮影:井村幸治)

【画像1】「太陽の塔」は大阪モノレールをはさみ、すぐ向かい側。モノレールにはラッピング車両も登場し、とても盛りあがっている!(写真撮影:井村幸治)

実は、筆者は万博記念公園に隣接する千里ニュータウンに住んでおり、EXPOCITYも徒歩で行ける”ご近所”である。地元では工事中から「何ができるの?」「道路が渋滞したらいややね」といった話題で盛りあがっていた注目スポットの完成なのだ!

【地図】万博記念公園は名神高速道路と中国自動車道路が交わる吹田JCT(ジャンクション)に隣接し、広域アクセスも非常に良好。関西国際空港からは高速道路利用で1時間強、大阪空港からは約20分。また大阪モノレール線「万博記念公園」駅からは「大阪空港」駅まで18分だ新型ミュージアムに英語教室! 子どもから大人まで楽しめる体験型施設

まず、話題を集めそうなエンターテインメント施設を紹介していこう。

◆EXPOCITYの大型エンターテインメント施設と開業時期まとめ
 1.生きているミュージアム「NIFREL」 (11/19営業開始)
 2.体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」 (11/19営業開始)
 3.体験型エデュテイメント施設「ポケモンEXPOジム」 (11/19営業開始)
 4.自然体感型エンターテインメント施設「OrbiOsaka」 (2016年初頭営業開始予定)
  ※オフィシャルショップ、レストラン「オリエンタル スプーン」 (11/19営業開始)
 5.「ひつじのショーン」の体験型アミューズメントパーク「ENTERTAINMENT FIELD」 (11/19営業開始)
 6.シネマコンプレックス「109 シネマズ大阪エキスポシティ」 (11/19営業開始)
 7.動物たちの移動遊園地「ANIPO」 (11/19営業開始)
 8.日本一の大観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」 (2016年春営業開始予定)
  ※オフィシャルショップ&レストラン「REDHORSE MARUMIE PLAZA」 (11/19営業開始)

最初に紹介するのは、大阪の水族館「海遊館」がプロデュースした”生きているミュージアム”「NIFREL(ニフレル)」。「感性にふれる」というコンセプトからネーミング(にふれる→ニフレル)された館内には、水辺の生物だけではなくホワイトタイガーやイリエワニの動きも観察できる。さらにはサルやフクロウが飛び交う姿を間近に観てふれることができるのだ。魚類が中心の展示なのかと思っていたので、サプライズだ。

【画像2】「みずべにふれる」コーナーの展示。ホワイトタイガーは迫力満点!(写真撮影:井村幸治)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会