体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』レイア姫の新しい称号と4つの新事実を紹介

エンタメ 映画
han-leia-force-awakens

ハン・ソロは映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも相変わらずの”ならず者”として登場するだろう。しかし、私たちはこのシリーズ最新作で、キャリー・フィッシャー演じるレイア姫がひどく変わってしまったことに気づくに違いない。

エンターテインメント・ウィークリー誌(以下EW誌)は『スターウォーズ』シリーズ最新作の特集号で、はるか銀河の彼方に関する新しい写真と興味をそそるヒントを掲載し、たくさんの情報を公開している。

ここでは、EW誌の厚意により、『フォースの覚醒』について我々が知った5つの情報を紹介する。

レイアはもはやプリンセスとして知られていない

carrie-fisher1

J・J・エイブラムス監督によると、「レイアは総督(General)と呼ばれているが、映画の中であるキャラクターがうっかり”プリンセス”と呼ぶ瞬間がある」とのこと。それは、旧三部作で愛情とからかい込めてこの尊称を使用していたハン・ソロだろうか……それも今にわかるだろう。

エイブラムス監督は、「物語の中でレイアは非常に重要な意味を持つため、彼女が関わる場面で失敗することはほとんどない」と語り、「しかし、彼女が特にハリソン(フォード)と一緒にスクリーンに戻ることは歴史的に重要なことだと感じた。我々は彼らの持つ心の悩みを想像することしかできない。私はこの作品を愛するただのファンに過ぎないが、彼らはその悩みとともにずっと生きてきた。1977年以来、ずっとだ」と続けた。

フィッシャーによると、私たちが映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でレイアと再会するとき、彼女は「孤独で多くのプレッッシャーの中にいること。そして、相変わらず自分の信念に熱心に取り組んでいるが、挫折感や疲労感、苛立ちを感じているように見える」(フィッシャー)。

森の中でフィンとカイロ・レンが決闘したとき、そこには第3の人物がいた

adam-driver-john-boyega-daisy-ridley

私たちは予告編で、フィン(ジョン・ボイエガ)とカイロ・レン(アダム・ドライバー)が雪の降るなかで対決するシーンを見ている。だが、予告編ではライトセーバーを構えるフィンの目の前に、同じように心配そうな表情を浮かべるレイ(デイジー・リドリー)の姿があることは明かされていなかった。

1 2 3次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会