ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長野・渋温泉の「斉月楼」 宮大工の技術を結集した旅館建築

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一度は泊まりたい「名建築の温泉宿」。長野・渋温泉の「歴史の宿 金具屋」は、敷地内で温泉が湧き出たのを機に、松代藩出入りの鍛冶屋が宝暦8(1758)年、温泉宿として創業。屋号の「金具屋」は当時の藩主による命名と伝えられる。昭和初期に完成した木造4階建ての「斉月楼」、格天井が見事な大広間が国の有形文化財に登録されている。

 宮大工の技術が駆使された「斉月楼」は釘などをほとんど使わず、1階から4階まで貫く13本の杉柱と木組みで造られている。源泉は5つで浴場は8つ。昭和25年に造られた浪漫風呂では創業時からのにごり湯を楽しめる。

【住所】長野県下高井郡山ノ内町平穏2202

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
城崎の老舗旅館「古まん」 創業1297年で日本の長寿企業4位
仙谷氏 被災地訪問で「ひなびた温泉用意しろ」指示との証言
世界最古の旅館「慶雲館」 暖簾を守る秘訣は「借金するな」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP