ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝30歳社員 婚活で社名を利用できたが今は言えなくなった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東芝、三井不動産、旭化成、フォルクスワーゲン……最近、不祥事で名前が挙がるのは、どれも一流企業ばかりだ。そこで働く社員たちは当然、「一流企業に勤めるサラリーマン」であることに誇りを持っていたはず。それまでは名刺交換の際にも誇らしげに社名を名乗っていたのに、不祥事一発で立場が逆転する。“傾いたマンション”を販売した三井不動産レジデンシャルの親会社、三井不動産の社員(28歳)の証言。

「今は『お騒がせしてすみません』と申し訳ない感じで名刺をそっと出す。それまで下手に出ていた相手に『大変ですね』と皮肉まじりにいわれるのが辛いです」

 粉飾決算が発覚した東芝の社員(30歳)からはこんなボヤきの声が。

「これまでは婚活パーティで社名を出すともてはやされていた。今は女性の前で会社名が言えなくなった」

 貸し会議室を借りる時に社名を出さないよう頼んだり、ホテルでの研修会でも看板を出さないようにしたりと、何かと世間の風当たりを気にしなければならないから大変だ。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
好調の不動産業界 取引先の手前高額のボーナス額公表できない
石原慎太郎議員 国会召集日の手続きに必要な名刺を忘れていた
「ペット可・事務所もOK」何でもアリのアリアリ物件に注意を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP