ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

振られた彼女と復縁するためにすべき5つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最愛の彼女に振られた男性も、魅力的な男になるための努力をすれば復縁できる可能性も。

彼女にもう一度恋をしてもらえるような、そんな男になるために以下の5つのアイデアを参考にしてみては?

1.振られた原因をはっきりさせる

まずは自分が振られた原因をはっきりさせることから。どうしても理由が分からない時は、可能であれば彼女の女友達に聞いてみることをおすすめします。

女性は恋愛について相談し合うことが多いので、運が良ければ何か分かるかもしれません。原因がはっきりしたら、できるだけそれを治す努力をしましょう。最大限の誠意を見せることが復縁成功のカギです。

2.振られてから半年以上おく

彼女が去っていったばかりなら、相手にとってまだあなたのイメージは最悪です。そんな時にぐいぐいアプローチしても余計にうんざりさせてしまうだけなので、ぐっと我慢。

期間は最低でも半年。その間に自分を磨き、堂々と彼女の前に出られる準備をしてください。ただ、完全に距離を置いてしまうと忘れられてしまう可能性があるので、機会があれば連絡はとっておいたほうが吉。

その際、復縁したいと思っていることや、失恋してショックだったことは態度に出さず、あくまでも軽い世間話程度に留めましょう。彼女が悩んでいる様子があれば、それを黙って聞いてあげるのもイメージアップに効果的です。

3.振られた時よりもいい男になる努力をする

彼女と再会した時、以前と同じ自分のままでは復縁できる可能性は低いでしょう。外見はもちろん、中身もとことん磨いて、別れたことを後悔させるぐらいいい男になってください。

その上で「もう一度彼女になってほしくて頑張ったんだ」と伝えれば、グラッと気持ちが揺らぐかも。服のセンスに自信がないなら、自分に似合いそうなブランドを選んで、友人や店員さんにコーディネートしてもらうと良いでしょう。

本を読んだり、映画を見たりして、人間の心理や生き方について勉強してください。友人に頼んで自分の欠点を客観的に指摘してもらうのも良いですね。

そうしているうちに、なぜ自分が失恋したのかが分かってきますし、中身の詰まった本物のいい男に近づくことができます。

4.振られたことをバネに、仕事を頑張る

失恋した彼女に自分を認めさせるには、仕事を頑張って出世したり、収入を増やしたりするのも効果的です。ある程度年齢を重ねた2人なら復縁=結婚となる可能性もゼロではありませんし、仕事ができる男は単純にかっこいいです。

仕事の成果を上げるには、職場で決定権を持つ上司の懐に入る、人の嫌がる仕事を積極的に引き受けるなどの努力が必要です。普通の力で頑張っていてもなかなか認められるチャンスは巡ってこないので、自分を上手にアピールしていきましょう。

上司もやる気のない部下よりは、やる気のある部下のほうがかわいいので、熱意が認められればどんどん仕事を回してくれるようになります。

5.彼女のSNSは絶対に見ない

振られたあなたにとって最も気になるのは、彼女が今どうしているかということでしょう。もしかしたら新しい恋人ができているかもしれないし、仕事やプライベートで大きな変化があったかもしれない。適齢期の彼女ならば、結婚してしまうことだってありますよね。

さすがに、結婚して誰かの妻になってしまったとすればあきらめるしかありませんが、そうじゃないなら、あなたにもまだ復縁の可能性は残されています。

それなのに、彼女のSNSを見てしまったばっかりにモチベーションが下がってしまえば、いい男になる努力をする気もなくなって、もう二度と認めてもらえるチャンスを失ってしまうかもしれないのです。

彼女との接点はたまに連絡をとる程度に留め、SNSは極力見ないようにしましょう。たとえ彼女に恋人ができていたとしても、磨きに磨いた後のあなたなら奪える可能性はあります。余計な情報で心を惑わされず、自分磨きに集中することが大切です。

失恋した彼女ともう一度復縁するには、振られた原因を明らかにし、もっといい男になる努力が必要です。会えない時間は不安だと思いますが、自分を信じて前向きに行動しましょう。きっと、明るい未来が待っています。

関連記事リンク(外部サイト)

辛い遠距離恋愛にサヨナラ!男性が結婚を決意するタイミングとは?
遠距離恋愛中の彼氏、彼女とのメール頻度とカップルの心情
彼女との会話が続かないときの5つの対処法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP