ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアの新UIが手元の端末にも降ってきた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先月から徐々に展開されている Google Play ストアの新 UI が私の端末にも降って来はじめました。Google Play ストアアプリのバージョンは v6.0.0 です。これは先週配信のメジャーアップデート版で、今現在で v6.0.0 の場合は新しくなっているのかもしれません。端末をチェックしてみてください。新 UI で大きく変わったのはトップ画面、ジャンル分け、タブ、スライドメニューです。アプリ詳細ページは以前のままなのですが、従来の UI よりも音楽や映画、電子書籍など、アプリ以外のコンテンツへのアクセス性が向上しています。トップ画面はデザインが一新したほか、大きく「アプリとゲーム」と「エンタテイメント」に分かれており、アプリ以外のコンテンツは「エンタテイメント」からアクセスするようになっています。スライドメニューを見ると、どのジャンルを開いたとしても全てのジャンル名とアクセスしているジャンル「マイ ○○」が表示されるようになっており、ジャンルの切り替えやダウンロードコンテンツへのアクセスがしやすくなっています。ジャンル内のタブはラウンド型デザインに変わり、視覚的に良くなったような印象を受けます。

■関連記事
Google、Materialデザインのアイコンを90種類ほど追加、指紋やペットなどが新たに登場
Amazon.co.jp、注文後1時間で届く「Prime Now」を国内で提供開始、Androidアプリもリリース
LGのスマートTV が「Google Playムービー&TV」に対応、非Android TVでは初

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP