ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【必見】監督が意図した真の『スター・ウォーズ』を観られる劇場は日本に1つしかない事が判明!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

02

2015年12月18日、ついに公開されるSF映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(以下 スター・ウォーズ)。事前予約でチケットを購入した人もいるはずだが、本当にその劇場で良いのだろうか? というのも、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の一部はIMAXカメラで撮影されており、劇場によっては、部分的に映像をカットして上映される可能性が極めて高いからだ。

・監督が意図した真の『スター・ウォーズ』
ほとんどの劇場が2Kデジタル上映のため、映像レベルとしては低ランクに近いものとなっている(あくまで映像クオリティの面での説明であり、作品が楽しめない訳ではないので誤解なきよう)。日本に20か所ほどあるIMAX設備のある劇場では、2Kデジタル上映よりも高精細な映像が楽しめる。しかし、監督が意図した映像美を楽しめる真の『スター・ウォーズ』を観られるとは限らない。

・映像の上下を切り取って映す
『スター・ウォーズ』は70mmフィルムのIMAXカメラで撮影された。しかし、だからといってIMAXスクリーンで真の映像をそのまま楽しめるわけではない。通常のIMAXスクリーンではアスペクト比が合わず、映像の上下を切り取って映す可能性が極めて高いのだ。

・日本では2館のみ
監督が意図した映像美で真の『スター・ウォーズ』を観る事ができるのは、日本では1つの劇場のみ。109シネマズ大阪エキスポシティのみである。以下は、各劇場のクオリティである。

・各劇場の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のクオリティ
4Kx2 IMAX上映 最良 ← 大阪エキスポシティのみ
~~~越えられない壁~~~
2Kx2 IMAX上映(巨大) 優良 ← 成田IMAXデジタルシアターのみ
2Kx2 IMAX上映 良 ← IMAXスクリーンのほとんどがこれ
2Kデジタル上映 普通 ← TOHOシネマズの通常スクリーンを含む多くの劇場

※ TOHOシネマズをはじめとした、通常のスクリーン設備がある劇場に問い合わせたところ、ほとんどが「2Kデジタルでの上映」とのことだった。IMAX設備がないスクリーンの場合は2Kデジタル上映が基本のようだ。

・IMAXのなかでも巨大スクリーンかつ迫力ある演出
成田IMAXデジタルシアターはスクリーンサイズが 24.5m X 14m なので、IMAXのなかでも巨大スクリーンかつ迫力ある演出が堪能できる。しかし懸念点がひとつだけある。設備が他のIMAXスクリーンと同じ「2Kの映写機を2台」となっており、映像が2Kなのだ。

・IMAXツインレーザー映写機
より忠実に、監督が意図した映像美で真の『スター・ウォーズ』を観る事ができるのは、109シネマズ大阪エキスポシティだけとなる。こちらは最新鋭のIMAXツインレーザー映写機(4K)を使用しており、成田IMAXデジタルシアターよりも約4倍も高画質。スクリーンサイズも巨大。あなたが本当に『スター・ウォーズ』のファンだというのであれば、109シネマズ大阪エキスポシティで観る選択肢しかない!?

01

・IMAXカメラの70mmフィルムで撮られた作品を上映する場合の表示範囲
70mmIMAX → すべての映像情報を表示して上映
IMAXツインレーザー → すべての映像情報を表示して上映
IMAX → 上下の映像情報をカットして上映
普通のシアター → 上下の映像情報を大幅にカットして上映

・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』おすすめ劇場ランキング
1位 109シネマズ大阪エキスポシティ
2位 成田IMAXデジタルシアター
3位 ユナイテッド・シネマ としまえん
4位 109シネマズ川崎
5位 その他多くのIMAXシアター

・日本では不可能
だが、ここにきて悲しいお知らせをしなくてはならない。究極的な意味で監督が意図した映像美で真の『スター・ウォーズ』を観たいのならば、日本では不可能。海外に行くしかない。

・3Dという時点で最高の映像とはいえない
その理由はふたつある。まず、109シネマズ大阪エキスポシティは3D上映のため、2D撮影された『スター・ウォーズ』の真の映像美を楽しむ事ができない。2D上映されてこそ、本来の美しさを堪能できるのだ。よって、3Dという時点で最高の映像とはいえない(美麗なのは間違いないが)。

・色味や画質に変化が出る
もうひとつの理由はこれ。日本にはIMAXフィルムをそのまま上映できる劇場がなく、IMAXカメラで70mmフィルム撮影された『スター・ウォーズ』をそのままのクオリティで観る事ができない。たとえ109シネマズ大阪エキスポシティでも、デジタル上映の時点で「監督が意図した色あいと画質」で見ることは不可能。フィルムからデジタルに変換する時点で、色あいや画質に変化が出るからだ。

・台湾台北市のIMAXシアター
ならば、日本に近いアジアの国では「真のスター・ウォーズ」を観ることができるだろうか? 調べたところ、台湾台北市のIMAXシアターが画質とスクリーンサイズにおいてトップクラスの設備を整えていたが、フィルムではなくデジタル上映であり、残念ながら日本や台湾では「真のスター・ウォーズ」を観ることはできないようだ。

※2015/11/20: 一部内容を修正・加筆いたしました。「監督が意図した真の『スター・ウォーズ』を観られる劇場は日本に2つ」ではなく「日本に1つ」でした。修正と加筆をし、お詫びいたします(Buzz+編集部)。

https://youtu.be/E7bh-H9ZfLQ

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/19/imax-star-wars/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。