ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【アプリ】硬派シミュレーションゲーム『大戦略』が萌え萌えになって登場! どうしちまった?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
メインビジュアル

硬派シミュレーションゲームの代名詞とも言える『大戦略(だいせんりゃく)』。システムソフトが開発しそのシリーズ作はパソコンやコンシューマなど各機種に移植されている。そんなシステムソフトの『大戦略』が萌え萌えになってiPhone/iPadアプリになってしまったのだ。その名も『萌え萌え2次大戦(略)』。

こちらは2009年にリリースされたパソコン(PC)版の移植となる作品で、『萌え萌え2次大戦(略)☆ウルトラデラックス』と同様にキャラクターボイスを収録している。コアゲーマーにしか親しまれなかった『大戦略』が、萌え萌え仕様になりライトゲーマーにも入りやすくなったわけだ。

しかし何故萌え萌えな大戦略を作ろうと思ったのだろうか。システムソフト・アルファーの本作担当である小柳氏に話を伺ってみた。

記者 萌え萌えになった経緯を教えて欲しいんですが。
小柳 2007年12月にPC版「萌え萌え2次大戦(略)」をリリースしまして、本作は、そのシリーズの集大成になる『萌え萌え2次大戦(略)☆ウルトラデラックス』をiPhoneとiPadで遊べるようにしました。「萌え萌え2次大戦(略)」シリーズを作った経緯としては、これまで硬派な「大戦略」シリーズの製品を主に制作・販売を行っていたのですが、今後コンシューマ(ゲーム機)版をリリースしていくにあたり、硬派なものばかりではなく、カジュアルなものも作っていこう。そうだな…例えばキャラクターものとか?と話があがったのがキッカケでした。
記者 リリースしたときの反響はどうでしたか?
小柳 先ほど言ってましたように硬派なものを作り続けていた弊社が、こういう萌えというジャンルのキャラクターものをリリースして、販売店や雑誌社さんやユーザーさんから「どうしてしまったんだ、システムソフト!?」と言われましたね。弊社としては分岐点だったタイトルです。

と、当時はかなり反響が大きかったようだ。作った経緯はキャラクター物を作りたかったと語るが、大戦略をそのまま萌え萌えにしてしまうというのはかなり大胆。こちら『萌え萌え2次大戦(略)』は6月28日に配信開始され、価格は2500円となっている。

萌え萌えになっても『大戦略』の面白さは失われていないので、既存の『大戦略』ファンももちろん楽しめるぞ。
そして萌え萌えシリーズ最新作の『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん +(ぷらす)』も制作中だという。こちらも注目してほしい。

スクリーンショット スクリーンショット

販売元:システムソフト・アルファー株式会社
開発元:システムソフト・アルファー株式会社
価格 :2,500円(税込)
発売日:2011年6月28日配信
ホームページURL:http://www.ss-alpha.co.jp/

萌え萌え2次大戦(略)

(C)2011 SystemSoft Alpha Corporation


アプリはここからダウンロード

萌え萌え2次大戦(略)

萌え萌え2次大戦(略) HD (iPad版)

スクリーンショット スクリーンショット
ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。