ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「(サンゴの損傷は)残念ながら判断できなかった」 翁長沖縄県知事の発言にネット上では反発も

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フィフィ

11月18日、『YOMIURI ONLINE』に前日17日に行われた翁長雄志・沖縄県知事の記者会見記事が掲載された。

翁長知事「サンゴ損傷確認できず」…辺野古沿岸
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151118-OYT1T50023.html[リンク]

辺野古で行われたサンゴ礁の損傷の潜水調査結果について、

「岩礁破砕がなされたかは、残念ながら判断できなかった」

と言及したとのこと。
サンゴの損傷が確認された場合、基地移設の許可を取り消す可能性を示唆していたのだが、

「『残念』とはどういうことか」
「破砕がなければ喜ぶべきではないのか」

とネット上では反発を受けている模様である。
まとめサイトも取り上げるなどして拡散され、『Twitter』や『Facebook』でも多くのコメントがつく中でタレントのフィフィさん(@FIFI_Egypt)もこのニュースを引用し


残念ながらなの?

とツイートした。
フィフィさんのそのツイートには、

「口が滑って本音が出たわけだけど、改めて公正さの欠片もない人だと思う。少なくとも県知事には向いてないわな」
「語るに落ちる、とはこのことですね。」
「どうやら知事は岩礁破砕されて欲しいみたいですね。」

といったツイートが寄せられる一方で、

「この文脈だと、「破砕があったかどうかの確認」が判断出来ないことが残念 な訳で別に違和感無いかと。「破砕が無かったこと」が残念だったら、まぁ本音が出たかどうかはともかく、おや?となる発言かと。」
「「破砕がなされたか確認できなかった」であって、「破砕されていないことが確認された」ではないことに注意して下さい。 いくら翁長さんでも、岩礁の無事を嘆くほど不見識ではないと思いたいです。」

という意見も寄せられていた。
また、

「サンゴに傷が無いのなら、朝日の記者に頼めばよかったのに。」

という、いささかブラックなツイートもあった次第である。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。