ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まだ2015年なのに「今世紀最高の出来」? ボジョレ・ヌーボー解禁、テロへの配慮で乾杯自粛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月19日午前0時、フランス・ボジョレ産ワインの新酒「ボジョレ・ヌーボー」が解禁された。4年連続国内販売1位を誇るイオンでは、午前0時に合わせて毎年恒例のカウントダウンイベントを開催した。

テロ事件に配慮しくす玉は取りやめになったものの、多くのワイン愛好家が集まり新作を味わった。サントリーホールディングスが都内で開いたイベントでも、テロの犠牲者を悼んで乾杯を自粛し「献杯」に切り替えたという。
「当たり年・50年に一度」と言われた2009年に匹敵か

今年のボージョレ地方は天候に恵まれ「高品質のブドウが採れた」とのこと。各報道では、さまざまな言い回しで今年の出来を讃えていた。

「今年のブドウは例年に比べて品質が良い」
「今世紀最良の品質に仕上がった」
「『当たり年・50年に一度』と言われた2009年に匹敵する出来」

売る方は、とにかく「おいしい」と伝えなくてはならないのは理解できるものの、毎年「最高の出来」と聞いているような気がしてしまうのが消費者のホンネだろう。ネットにはこんなツッコミが相次いでいる。

「今世紀最高の出来 …でもまだ15年しかたってませんが」
「14年間で最高だから大した事ないな」
「100年後はどれほどすごいのだろうか」

昨年のボジョレ・ヌーボーの輸入量は2004年のピーク時のおよそ6割で、3年連続で減少している。ワインを日常的に楽しむ人が増える一方、かつてのブームはかげをひそめているようだ。それでも景気づけをするように、各地でさまざまなイベントが行われている。

大阪・梅田のデパート「阪神梅田本店」では先着50人がジャンケンに勝つと1本もらえるサービスをしている。温泉施設「箱根小涌園ユネッサン」では、ボジョレ・ヌーボーで赤く染まったワイン風呂が11月いっぱいまで楽しめる。(ライター:okei)

あわせてよみたい:「自爆営業」の季節!? クリスマスもお正月も「バイトに購入ノルマ」の異常
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP