ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【閲覧注意】ある議員が目撃した、犬の殺処分現場。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は毎年減少中。ただし、ここ30年でもっとも少ないとされる2013年でさえ、12万以上もの尊い命が失われています。

今回、その“現場”に向かったのは、東京都議会議員・塩村あやか氏。彼女のHPに掲載された「活動報告」の内容が、大きな話題になっている模様。記事内には目を覆いたくなるような光景が登場します。閲覧にはご注意ください。

無責任な飼い主のせいで、
今日“死んでもらう”ことに

視察したのは某自治体の施設。この日に処分される予定の犬は10頭。この檻の中で、そのときを待ちます。

時間になると、職員が水と餌の器を下げるために檻の中へ。すべてが撤去されたことを確認すると、奥の扉が開き、殺処分機へと続く廊下が出現。手前の柵が奥に動き、彼らを追い込みます。

すべての犬が処分機へ。怯えて震えている犬も。

二酸化炭素注入のボタンが押されると、犬たちは苦しそうに上を向き、喘ぎ始めます。部屋の空気はどんどん薄くなり、窒息させている状態に。

苦しさから、少しの間のたうち回り、

静止。

すべての犬が倒れたあと、確実に致死させるため、扉を閉めたまま約15分ガスの濃度を保ちます。

中には、口から血を流している犬も。口内を噛み切るほど苦しかったのではないでしょうか。

塩村氏にも「とにかく苦しそうに見えた」そうで、「決して“安楽死”ではない」との記載も。

床が開き、数メートル下に音を立てて落下。落ちた先の扉も閉まり、焼却へ。

首輪をしているため、過去には人間と一緒に幸せに暮らしていたはずの犬たち。そんな彼らの最期を、「モノのように、システマチックな処理で終わってしまった」と彼女は表現しています。

現状を目の当たりにした塩村氏は、「行政殺処分を行わなくても済んでいる国を見習うことが一番」と言及。本質を見抜き、抜本的な施策を展開していく必要性を訴えています。そうでないと、「処分された罪なき命が報われない」と―。

ちなみに彼女は、動画ではないことと、多くの人に現状を知り、命の大切さと重みを考えてもらいたいと、この記事を公開したのだそうです。

Reference:環境省
Licensed material used with permission by 塩村あやか

関連記事リンク(外部サイト)

オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
鬼怒川堤防決壊の影響で、銚子港が「ゴミ」の山になっていた(画像あり)
世界に衝撃を与えた「痩せ細ったシロクマ」の写真。あなたはなにを感じますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP