ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2017年、ドイツに2つのダンス・ミュージック博物館がオープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 すべて予定通りにいけば、2017年までにフランクフルトとベルリンにエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)の博物館が完成するようだ。どちらもEDMのパイオニアが運営するものになる。

 EDM情報サイト、InsomniacのインタビューでDimitri Hegemann(90年代初めからベルリンでアンダーグラウンド・テクノを育ててきたクラブおよびレコードレーベル、トレゾアの創立者)は、2016年末に迎えるトレゾア25周年に合わせてエレクトロニック・ミュージック博物館をベルリンにオープンさせる予定であることを発表した。Hegemannは同サイトに、「この博物館をLiving Archive of Elektronika(生けるエレクトロニカのアーカイブ)としたい。ここベルリンのテクノは未だ活発で影響力を持ち、生き生きとしたムーブメントですから」と話しており、予定通りに完成すれば国内初のエレクトロニック・ミュージック専門博物館になるとしている。

 Hegemannが企画する展示は、Alex AzaryとAndreas Tomallaが今年初めに発表したフランクフルトの類似プロジェクト、Museum of Modern Electronic Music(MOMEM/現代エレクトロニック・ミュージック博物館)と結びつく。フランクフルト市が一部援助するMOMEMは、2017年初めにオープンの予定だ。

 AzaryはInsomniacに対し、「我々は70年代後半からのエレクトロニック・ミュージックの発展を紹介する予定です。ただし、単に回顧する場所ではなく、これに続く今のシーンと未来の発展を展示した今現在の場所にしたいのです」と述べている。

関連記事リンク(外部サイト)

ルー・ドワイヨン ニューALを引っさげた来日公演を2016年1月に開催
テイラー・スウィフトの『1989』洋服コレクションが中国で展開される
アダム・レヴィーン、背中一面に入れた巨大マーメイドのタトゥーを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。