ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

34才男 「やっと見つけた金がかからない趣味」とわざと2度寝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 だんだん冬が近づき、毎朝、布団から出てくるのがつらくなってくる人も多いはず。しかも、「2度寝」というやつが妙に気持よくて、どうしてもやめられないなんていう人もいるのでは? 神奈川県に住む歯科技工士の女性Yさん(36才)の夫(34才)は、まさに2度寝にとりつかれた男。Yさんが、夫のエピソードを披露する。

 * * *
 小学校から大学まで、無遅刻無欠席。その体験から「人は時間を守っていれば、どうにかなるんだ」って言う夫。もちろん会社を休んだり、遅刻するなんてありえない。

 そんな夫の息抜きが、休日に目覚ましをかけずに昼近くまで眠ること。その日は私も一緒に寝坊できていたの。

 ところが、ある休日の朝のこと。いきなり飛び起きた夫が、「やばいっ、遅刻だ。なんで起こさないんだっ。どうするんだよ」と大騒ぎ。「今日は日曜よ」と私が携帯を見せたら、「ふにゃっ」と言って2度寝したんだわ。

 それがよほど気持ちよかったらしくて、次の休日から毎回、いつの間に用意したのか、非常ベルのような音の目覚まし時計が「ジリリリリ」と鳴ると「わあああ」と大声で飛び起きて、「休日かぁ」と再び布団へ。

「心臓が止まりそうだからやめて」と言うと、「2度寝はオレがやっと見つけた趣味だ。こんなに金がかからない趣味はないだろ」って唇を尖らして食ってかかるのよ。

 こんなコチコチ男、まともに相手するのもイヤになってきたわ。

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダイエットNG習慣 二度寝、オシャレ無頓着、同じ靴履き続け
韓流好きママ友の会 「オジャマしますニダ~」の声に夫恐怖
通院する時に気をつけたい診療時間外、深夜、休日の加算料金

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP