ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「絶望してはいけない」チャップリンの演説が、胸に響いてくる(仏・同時テロ)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画好きならずとも、“史上最高のスピーチ”と称されるチャーリー・チャップリンの演説は、ご存知の人も多いでしょう。20世紀の喜劇王が挑んだ初のトーキー(映像と音が同時に流れる)映画『独裁者』。およそ6分間にも及ぶ演説のなかで彼が最も表現したかったこと、それが「絶望してはいけない」というメッセージでした。

I Heart Intelligence」ライターDharam Barrett氏は、先のパリ同時テロ、さらにはベイルートをはじめ、世界各地で悲しみの連鎖が続く現実に、チャップリンの歴史に残る演説を紹介しながら、平和のための団結を呼びかけています。
ここでは、映画『独裁者』より、チャップリンが語ったメッセージを紹介したいと思います。

「絶望してはいけない」
チャップリン
6分間“魂の演説”

「知識は、ときに我々を冷淡にする。知恵は、ときに我々を薄情で不親切な人間へと変えてしまった。我々は、いつも考えすぎていて、感じることを止めてしまったのだ。我々に本当に必要なのは、人類愛ではないか。仕組みよりも人間味なはずだ。賢さよりも、思いやりや優しさが必要なはず。それをなくしてまったら、人間はただ暴力的になって、全てを失うことになる。

今だって、私の言葉は世界中の何百万の人々の元に届いている。絶望した大人にも、未来をなくした子どもたちにも、罪もなく投獄され拷問を受けた人々の元にも届いているのだ」

チャップリンは、さらに私たちを鼓舞し、こう勇気づけています。

「だが、この声が届く全ての人々に言いたい。”絶望してはいけない”と。我々が今経験している不幸は、ただ単に過ぎ去っていく欲望であって、人間の進歩を恐れる者たちの嫌悪にすぎない。憎しみはいつか消え去り、独裁者が倒れれば、奪い取られた権力は、必ずやまた我々の元へと帰ってくるだろう。

人間が死んでしまえば、自由もまたそこで途絶えてしまう。みんな自分の人生を自由に美しく描くことができる。素晴らしい冒険へと変えることだってできるんだ。

さあ…民主主義の名の下に闘おう。今こそ団結し、手を取り合おう!新しい世界のためにひとつになろう」

この演説は、すべてチャップリン自身によって書き上げられました。鬼気迫る映像は、以下の動画から。

Reference:Charlie Chaplin
Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

内閣の半数を「女性」に指名したカナダの新首相、その理由が・・・男前すぎる!
オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
「脳を食べるアメーバ」に感染した少年、湖で泳いだことが原因か

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP