ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーメンと餃子 まず餃子を頼みラーメンを追加するのが作法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ラーメンと餃子の順番」にこだわりすぎた32歳の男が逮捕された──。11月8日の午前4時ごろ、男は兵庫県明石市内のラーメン店でラーメンと餃子を注文。「餃子を先に出して」と告げたのにラーメンが先に提供されたことに「順番が違う」と激怒し、店長と口論になったという。

 男は「もう帰ってください」という店長に耳を貸さず、困り果てた店員の通報で駆けつけた明石署署員の説得にも応じず、約3時間も店舗に居座ったため、「不退去容疑」で御用となった。何とも人騒がせな話だが、飲んべえなら気持ちはわからなくもない。

「仕事を終えてふらっとラーメン屋に立ち寄り、まずは餃子とメンマをツマミに一杯やり、それからラーメンでシメるというのがささやかな幸せ。それを“台無し”にされたら、そりゃ腹が立つよ」(50代の男性サラリーマン)

 ジャーナリストの青木理氏も「この男性の怒りは理解できなくもない」と同情的だ。

「何時間も店に居座るのは論外だけど、“餃子でビールでも飲むか”と立ち寄った店で、先にラーメンが出てきたら、誰だってガックリきます」

 そこで気になるのは、逮捕された男が酒を注文していたかどうかだ。前出の青木氏も男の怒りに共感する前提として「ビールを飲もうと立ち寄った」ケースを想定している。しかし、現地で取材すると意外な真相が判明した。ラーメン店の関係者が打ち明ける。

「男性は酔っていましたが、アルコール類は注文していません。ラーメン、餃子のほかに小さな丼も頼んでいました。報道された“先に餃子”とのオーダーはなく、出来上がった順にラーメンから提供したら、“餃子を先に出せっていっただろう”といきなり怒り出したんです」

 まったくのいいがかりというのが店側の証言だ。本誌記者もこのラーメン店を匿名で訪れ、男と同じオーダーをしてみた。入り口近くの券売機で醤油ラーメンと特製餃子を注文し、食券を渡す際に「先に餃子を」と告げると、心なしか店員の表情がわずかに曇った気がした。

 オーダーから4分後、先に餃子が提供されたが、その30秒後にはラーメンがテーブルに出された。回転が早く、「先に餃子」と指定してもタイムラグはほとんど生じないようだ。

 ちなみに、大手ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングスの広報担当者に対応を訊いてみると、「餃子とラーメンを一緒に頼まれた場合は同時提供です。お酒を一緒に注文された場合は、『先にお酒を出してもよろしいですか』とお伺いしますが、それでも料理は同時が原則です」と説明する。店によってマニュアルは異なるようだが、居酒屋探訪家の太田和彦氏は「客のマナーがなっていない」と男を叱る。

「餃子を先に出してほしいならラーメンと同時に頼まないことは鉄則。この男は注文の仕方がなっちゃいない。手軽なメニューにつべこべいうなら客の資格はありません。居座った男には“このバカ者が!”と伝えたい」

 まず酒と餃子を頼み、頃合いを見てラーメンを追加オーダーするのが“飲んべえの作法”なのだ。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
福岡駅行列ラーメン店 10時間煮込んだスープで長浜屋台の味

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。