ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来週以降に何らかの動き? 峰なゆか『アラサーちゃん』にパクられた疑惑で『きょうのゲイバー』がツイート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、ガジェット通信では
「コンセプトもタイトルもパクリすぎ」とかつて講談社に抗議した峰なゆかさん 自身の『アラサーちゃん』にパクリ疑惑が?
http://getnews.jp/archives/1251157[リンク]
という記事をお伝えした。

今年8月、漫画家の峰なゆかさんが講談社『ハツキス』で連載中の田所コウさん作『コトコトくどかれ飯』に対して、コンセプトやタイトルが自身の『女くどき飯』をパクリすぎとして『Twitter』上で猛烈に抗議した。

講談社はタイトルに類似点はあったが内容に関しては類似性を否定する見解を発表する。私見で恐縮ながら、『コトコトくどかれ飯』を読んでみて『女くどき飯』をパクったとは全く思えなかった。しかし田所さんは連載辞退を申し入れ、結果として「言いがかりとも思えるようなSNSでの抗議により、新人漫画家が連載中止に追い込まれる」という事態となってしまったのである。

その峰さんの代表作『アラサーちゃん』、TSUKURUさんの『きょうのゲイバー』のネタをパクったのではないかという指摘が『Twitter』でなされ、『きょうのゲイバー』アカウント(@kyonogayber)も「ネタの件、かぶってるではなく使われたように思う」「出版社からは音沙汰無し」という趣旨のツイートを行なう。



峰さんの過去の抗議が燃料となったこともあり、炎上状態となった。

11月17日、『きょうのゲイバー』は



先方よりご連絡頂きました。 相互で確認・調整しておりますので 来週以降、何らかの形で皆様にはご報告出来るかと思います。 何卒宜しくお願い申し上げます。

とツイート。

一方で、11月19日現在、峰さん(@minenayuka)が11月15日に行った最後のツイートには、他のユーザーから「コメントしないの?」といった返信が寄せられたり、「連載をやめるべき」「続ける」というアンケートのツイートが寄せられたりしている。



渦中の峰さんは沈黙を守ったままなのだが、以前に講談社編集部に対し早急に意見や連絡を求めるツイートを行っており、「ブーメラン」との批判が集まっているようだ。



また、そもそもの『女くどき飯』というタイトルの類似性に関しても、2012年に講談社から『「賛否両論」笠原将弘の 口説きめし』なる本が出版されているという指摘もあったりする。

以前、作家の百田尚樹さんが『Twitter』にて発言した内容がことごとくブーメランとなって自身に跳ね返ってくる状態となり、ネット上で
「ブーメランが刺さりすぎてバナナの房」
と揶揄されていたのだが、峰さんも現在そういう状態になってしまっているかもしれない。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP