ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝が旧経営陣に3億円賠償訴訟 堀江氏は336億円請求された

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月7日、東芝は一連の不正会計問題をめぐり旧経営陣5人に計3億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。

 東芝の現経営陣には“これでひと区切り”という空気が漂っているが、むしろこの訴訟によって株主からの風当たりは強まっている。

 提訴の根拠とされたのは、同9日に公表された旧経営陣の関与などを検証した「役員責任調査委員会」による報告書だ。この中で調査対象者98人のうち、賠償責任が認定されたのは西田厚聡氏、佐々木則夫氏、田中久雄氏の歴代3社長と当時の財務担当役員2人のみ。経済ジャーナリストの磯山友幸氏が話す。

「東芝は不正会計による損害額を10億円超としながら、5人への請求額は3億円とした。報告書には具体的な賠償金額は示されておらず、東芝側も3億円の算定根拠は明らかにしていません。歴代3社長らが主導した利益の過大計上は2000億円を超えている。請求額は過少と言わざるを得ません」

 2011年、1000億円を超える「損失隠し」が発覚したオリンパスは翌2012年に、旧経営陣19人に対し計36億円の損害賠償を求め提訴した(現在も係争中)。

 2008年には53億円の粉飾決算について証券取引法違反で逮捕・起訴された旧ライブドア元社長・堀江貴文氏が、会社から約363億円の損害賠償請求を起こされた(2009年、堀江氏側が208億円相当の資産を引き渡すことで和解成立)。

 そうした過去の事例と比べても「3億円」は少ない額に映る。磯山氏が続ける。

「報告書の中で、〈個人の賠償能力〉を勘案して〈請求額は慎重に検討する必要がある〉と書かれていますが、歴代3社長は社長在任中に請求額を優に超える報酬を得ています。西田氏は2010年3月期からの5年間で6億3500万円、佐々木氏は2012年3月期からの3年間で3億2800万円、田中氏も2014年3月期の1年間だけで1億1100万円の役員報酬を受け取っている。賠償能力を考慮するというなら、もっと多額であってもいいはずです」

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東芝が旧経営陣への賠償請求方針を公表した理由に2つの見方
経営者が古巣から訴えられたケース 結末は悲哀に満ちている
東芝 ブランドイメージ毀損で法人向けPC事業に相当な痛手か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP