ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林武史と4名のボーカリストが共演したライブ音源「70(ナナゼロ)」アジア6カ国で配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「InterFM897開局記念~897 Sessions~」で披露され話題となっていた「70(ナナゼロ)」のライブ音源が、11月25日にアジア6カ国で期間限定配信されることが決定した。

「897 Sessions」は“唯一無二の声を持つボーカリストと鍵盤の共演”というコンセプトで、大木伸夫(ACIDMAN)、黒木渚、ホリエアツシ(ストレイテナー)、桐嶋ノドカという4名のボーカリストと、鍵盤 小林武史によるスペシャルライブとして開催。最後に一夜限りのサプライズとして披露された「70(ナナゼロ)」は、イベント直後からCD化などの要望が多数寄せられていた。

「70(ナナゼロ)」は戦後70年の時の流れを綴った12分におよぶ組曲形式のナンバーで、クライマックスは4人のボーカリストの激しくも美しいコーラスが圧巻。今回、日本のみならずアジアでも多くのリスナーにもメッセージを届けたいという想いから、アジア最大の音楽定額配信サービスKKBOXで独占解禁される。現在KKBOXでは1ヶ月無料でフリートライアルできる。

小林武史 コメント
10分を超える組曲になることは最初からイメージしていました。戦後70年という節目に、世代の違うミュージシャンが集まってどういう思いを抱くか。その思いがどう繋がっていくか。楽曲の制作は、それを探る実験でもありました。多様な個性が混ざり合っていくということを表現できたのではないかと思います。

大木伸夫 コメント
このプロジェクトに参加させて頂き本当に感謝しております。
この時代に相応しい、美しい楽曲になったと思います。ぜひ聞いてください。さすがTK。

ホリエアツシ コメント
終戦70年を意味する「70」、ストレイテナーも「NO」というシンプルなメッセージソングを作りましたが、この「70」では.小林武史さんが作る組曲に四人のシンガーそれぞれの飾らない言葉が綴られ、群像劇的でありながらも点と点でリンクし、円を描くような、想いの深い作品になりました。

黒木渚コメント
今回この曲を通して、他のアーティストの皆さんと一緒に作品づくりが出来た事を嬉しく思います。
普段は自分で作詞作曲しているので、こうして誰かと一緒に作ったり、小林さんの作曲したものに自分の歌詞を乗せて歌うというのも、とても貴重な経験でした。
せっかくこうして産まれてきた曲なので、多くの方に聴いていただけるのは嬉しいです。

桐嶋ノドカ コメント
一夜限りのあのライブは、多くの皆さんと歌を通してひとつの想いを共有することができ、特別な瞬間となりました。今回さらに多くの方々に聴いていただけること、とても嬉しく楽しみに思っています。

配信情報

「70(ナナゼロ)」
2015年11月25日〜2016年1月31日期間限定配信

関連リンク

InterFM オフィシャルWEBサイトhttp://www.interfm.co.jp
InterFM オフィシャルFacebookページhttps://www.facebook.com/761interfm
InterFM オフィシャル Twitter@InterFM761_JP ハッシュタグ #interfm

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP