ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悟空型? 「骨伝導ヘッドホン」が未来の通話スタイルのスタンダードになる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あなたは骨伝達ヘッドホンというものをご存じだろうか? 骨伝導とは字のごとく、外耳を通さずに頭部や頸部の骨を振動させ、直接、内耳に音を響かせるという仕組みのことだ。

骨伝導の「3つのメリット」

骨伝導によって音を伝えることには3つのメリットがある。

ひとつ目は、「難聴防止」。耳を塞がないので疲れづらく、難聴防止にもなるという。従来のイヤホンやヘッドホンのように、長時間、耳を塞いでいると耳鳴りの原因にもなるが、その心配がない。

ふたつ目は「音漏れしない」ということ。電車やバスで、時折ヘッドホンから音が漏れている人を見かけるが、骨伝導ヘッドホンならば音を直接骨に響かせるため、自分以外の人に音が聞こえることはない。そのため、周囲を気にせずクリアな音声を楽しむことができる。

3つ目は、「安全性」だ。ヘッドホン使用中でも周囲の音が聞こえるため、事故防止につながる。駅のホームや自動車の通りが多いところでも安全に使用できる。

骨伝導ヘッドホン自体は、今ではそれほど珍しいものではないが、その一歩先を行く「スマートヘッドホン」がイギリスで誕生した。その名も『BATBAND』。開発したのはStudio Banana Thingsというロンドンのデザイン会社。数々のデザイン賞を受賞する実力派だ。

スマホの操作機能も備える、完成されたデザイン

BATBANDが今注目を集めている理由は、まずはそのデザイン性の高さだろう。開発元のStudio Banana Thingsは社員30名ほどの小規模な会社だが、過去に製作した作品が美術館に展示されるほど、その洗練されたデザインで高い評価を得る少数精鋭集団だ。BATBANDも過去の作品同様に、美しいフォルムと、激しい動きでも落ちない機能性を両立したデザインが、その系譜をしっかりと受け継いでいる。

特に、ユーザーライクな機能にはいくつかのこだわりを見て取ることができる。BATBANDはワイヤレス式なので、コードが邪魔になることがないのはもちろん、Bluetoothによるスマホとの「完全連動」によって、いちいちスマホを取り出す煩わしさのない操作を可能にしている。

たとえば、本体右側のタッチセンサーをスライドさせれば、音楽の曲送りやボリュームの調整ができ、左側のセンサーに触れれば通話対応や電源のオンオフの操作が可能だ。マイクも搭載しているので、スマホを起動させなくともスムーズな使用ができるというわけだ。また、USB経由でフル充電すれば8時間ほど連続使用が可能という点も、充電の面倒を解消してくれる。

BATBANDは、来年4月から発送開始予定。今ネットで先行予約すると199ドル、日本までの送料は15ドルで、Studio Banana Thingsのサイトから購入可能だ。

2015年はさまざまな企業からウエアラブル端末が発売され、「ウエアラブル元年」とも呼ばれている。来年以降も、スマートガジェットが普及していく流れは加速していくだろう。私たちのライフスタイルや、街を行き交う人々の様子が少しずつ変化していくなかで、BATBANDは「便利でスタイリッシュな生活」の先駆けとなるかもしれない。

関連リンク

BATBAND(Kickstarter)

関連記事リンク(外部サイト)

ウエアラブルは、「身に着ける」から「着る」時代に。
後付け型スマートロックは世界初! スマホを鍵に変える「Akerun」
補聴器もスマート化! ワイヤレス補聴器「Halo」は電話も聞き取れる

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。