ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

待望の国産端末・gooのスマホ第4弾 「g04」レビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月20日より予約を開始し、11月から出荷しているgooのスマホ第4弾「g04」。ベース端末にシャープのSIMフリースマホ「AQUOS SH-M02」を使用した、gooのスマホとしては初の国産モデルです。防水、おサイフ、赤外線といったお馴染みの機能を搭載したこちらをレビューしてみました。
 

持ちやすく、安定したスペックを兼ね備えた一品

5.0インチHD液晶(1280×720)のSIMフリースマホは、サイズ134×77×9.1(mm)、質量約145gと持ちやすくて軽いのが魅力。Android OS 5.0 LollipopにクアッドコアCPUを採用し、RAM 2GB、ROM 16GBを搭載しています。インカメラが下部についているので、自撮りをする際、上下逆にする必要がありそうです。

カラーバリエーションは、「white」と「goo Red」の2色。現在流通しているのはwhiteのみ。goo Redは当初12月以降の発送を予定していましたが、出荷が早まり11月27日から順次発送する見通しです。goo Redは通常の赤よりもやや深みのある落ち着いた印象で、男女問わず使える風合いに仕上がっているといえます。やや光沢のある塗装になっているものの、指紋がべったり付くというようなこともありませんでした。

本体左側面にはUSBスロットを配置。キャップレス防水加工が施されているので、蓋をしなくても防水性能が保たれるようになっています。電源・音量といったボタンは右側面にあり、本体上部にはSIMスロットとmicro USBスロットがあります。nano SIMなので、SIMカードを別途用意する場合、サイズを間違えないようにしましょう。

データ移行も快適!Androidは難しいともう言わせない!!

 g04では、Android OSの機能によるデータ・アプリのバックアップや、シャープによる電話帳などのデータが移動できる機能が搭載。Android 5.0より実装された「タップ&ゴー」は、OSがAndroid 5.0でかつNFCを搭載した端末であればワンタップで移動することが可能となっています。

以前使っていたAndroid端末と同じアカウントのまま新端末として使うと、以前使っていた端末で利用していたアプリがダウンロードされる仕組みも保有しています。これが想像以上に便利で、これまでデータ移行にかかっていた苦労はなんだったんだろうと思うほど。

大量にアプリをインストールしていればそれだけ移行対象となるので、Wi-Fi設定を必ず行ってから同機能を実施してください。使っているアプリのデータ量によっては、1日で制限いっぱいまで高速通信を使いきってしまうこともあるかもしれません。

 

使ってもらうための工夫が随所に

初めてスマホを使う際、マニュアルがついていないことに驚いた(驚く)と思いますが、ウェブサイトから説明書のファイルやアプリのダウンロードでの読み込みはちょっと面倒。その点、g04は動画による解説やアプリ上でのフローチャートなど、HOW TOが充実しています。

ミニアプリの存在も見逃せません。これは、立ち上げているアプリとは別に小さなサイズのアプリを起動させ、同時に使うことができるという機能。メモを取りながらスケジュールの確認や、調べ物をしながらの動画鑑賞など、用途はさまざま。

メインカメラの画素数は1300万画素あり、同価格帯のSIMフリースマホと比較すると上位に位置します。「フレーミングアドバイザー」という機能を備えており、これを使うことで簡単にキレイな構図で撮影できます。

gooのオリジナルアプリも複数搭載しています。中でも便利なのが「milk cleaner」 。いわゆるメモリ解放アプリと呼ばれるもので、Androidスマホを使う上で必携といえます。類似アプリと同様の機能を兼ね備えているだけでなく、キャラクター「メグたん」の動きと鳴き声に癒されてしまいます。

他にもメグたんアプリは複数プリインストールされており、ニュースリーダー「goo milk feeder」が代表格。Google Play上に公開されているアプリなので、「gooのスマホ」を持たなくてもダウンロードできます。

 また端末の使い方でわからないことがあったら、g04もプリインストールしているアプリ「教えて!goo」で質問してみるのも手です。

なお、g04の販売を手掛けるgoo Simsellerでは、現在、購入者特典として選べるスマホケースを漏れなくプレゼント中。写真は手帳型のものですが、他にもシリコンタイプ、TPUタイプの3種から選べ、複数のカラーバリエーションを展開しています。SIMカードだけでなくこうした特典まで付いてくるのは、商品が届いたらすぐに使ってもらうことを想定しているためと言えるでしょう。詳しい内容は「goo Simseller」を参照ください。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP