体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『BLUE BOTTLE COFFEE』が初コラボ!自由が丘に期間限定ショップ登場

ドリップ&紙コップ

『ブルーボトルコーヒー』が『TODAY’S SPECIAL Jiyugaoka』とコラボし、2015年11月13日(金)から11月26日(木)まで期間限定店舗『BLUE BOTTLE COFFEE -POP UP STORE-』が東京・自由が丘にオープン。コーヒー好きの編集部スタッフがさっそく訪れてみました。

『ブルーボトルコーヒー』が初コラボ! 『TODAY’S SPECIAL Jiyugaoka』にて期間限定店舗が登場

コーヒー界のアップルとも呼ばれている『ブルーボトルコーヒー』。コーヒーは「おいしさ」を徹底して追求。コーヒー生豆は厳しく選別され、カフェで販売する豆は、焙煎されてから 48 時間以内の豆のみが店頭に並べられているのだそう。オープン当初は清澄白河の店舗前に行列ができ話題になりました。

そんな『ブルーボトルコーヒー』が『TODAY’S SPECIAL Jiyugaoka』とコラボ。さっそく訪れてみます。

『BLUE BOTTLE COFFEE -POP UP STORE-』へ

自由が丘駅から約5分ほど歩いて『BLUE BOTTLE COFFEE -POP UP STORE-』の期間限定店舗へ。取材日は日が落ち、店舗はライトアップされています。

イルミネーション

イルミネーションがキラキラ。

『TODAY’S SPECIAL Jiyugaoka』

おしゃれな店内。女性が気軽に一人で入りやすいお店です。

クリスマス飾り

サンタもひょっこり。『ブルーボトルコーヒー』を飲みながら店内をぐるり。

ギフトやちょっとお腹が空いたときに食べたいチョコレートも発見。この日、クリスマスソングが流れており、清澄白河とまた違った雰囲気。

自由が丘にて『ブルーボトルコーヒー』を飲んでみました

■シングルオリジンドリップコーヒー(1 種類) 550円(税込)

淹れてもらうコーヒーは1種類。スマトラ産の豆が使われているのだそう。

ドリップするところ

オーダーしたコーヒーを淹れてもらいます。
目前で淹れてもらうハンドドリップ。コーヒーのよい香りに包まれます。

まずフタをせずに香りを楽しんで。テイクアウトや店内を眺めながらコーヒーを堪能できます。

コーヒーと相性抜群のフードメニューは3種類

ペイストリー3種類

スペルトブラウニー350円(税込)/ サフラン&バニラビーンズクッキー300円(税込)/ クラシックショートブレッド200円(税込)

スペルト ブラウニーは『BLUE BOTTLE COFFEE -POP UP STORE-』先行発売。コーヒーと一緒にどうぞ。

1 2 3次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。