体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地元と外国人観光客が繋がる 北九州に新しいゲストハウスが誕生

北九州リノベスクール発 地元と外国人観光客を繋ぐゲストハウス

リノベーション好きの間では、じわじわと話題を集めているリノベーションスクール。そのはじまりの地・北九州で、スクールでの提案がきっかけで誕生した食堂兼宿泊施設「Tanga Table(タンガテーブル)」。国土交通省も空きビル支援としてサポートしているゲストハウスを訪ねてみた。
地域再生のエンジンとし注目されるリノベスクール

福岡県北九州市は、かつては工業地帯として製鉄などを中心ににぎわいをみせたまちだ。しかし、高齢化及び人口減少化という日本のまちがこれから抱えるであろう問題がいち早く現実化。小倉駅周辺の都心部でも空き物件(遊休不動産)が数多く点在している状況が続いている。

そんなまちの課題をリノベーションという手法で再生していこうと、2011年に北九州市との連携でスタートしたのがリノベーションスクールだ。その後、このスクールの企画メンバーを中心に北九州のまちの差配人を目指す「株式会社北九州家守舎」が設立されている。

北九州市内の実際の空き物件を対象に、全国から集まった受講生たちがその活用方法を計画。最終的に不動産オーナーへリノベーションのアイデアを提案するという実践的スタイルで行われるスクールだ。

このスキームは、同じような課題を抱える都市から注目を集め、全国各地で展開されるようにまでなってきた。北九州ではこれまで18軒のプロジェクトがスクールから事業化しているが、今回の「TangaTable」は、これまでにない大規模なリノベーション事業として注目を集めている。

【画像1】第9回のリノベーションスクールの様子。全国から多数の受講生が集まった(写真撮影:リノベーションスクール)

【画像1】第9回のリノベーションスクールの様子。全国から多数の受講生が集まった(写真撮影:リノベーションスクール)10年の空白時間を超えて再生した空間

舞台となったのは、北九州市の台所として市民に愛される「旦過(たんが)市場」を川で挟んだ6階建てのビル。その4階部分の広さ約170坪の空間だ。窓の向こうにはまちの風景を望む絶好のロケーションがありながら、およそ10年、空き物件として陽の目を見ることがなかった。

発端となったのは、2014年に行われた第6回のリノベーションスクールの提案だ。この時のユニットマスターとして参加した株式会社SPEACの吉里裕也さんと東京の豊島区で大家業を営む青木純さん。そして、株式会社北九州家守舎の代表を務める一級建築士の嶋田洋平さんが加わり、提案にブラッシュアップが加えられた。さらに、運営を実現化するために北九州小倉でカフェを営む遠矢弘毅さんが加わり、株式会社タンガテーブルを設立。

「100年の歴史を持つ旦過市場のそばに宿泊しながら、おいしい食事はもちろん、まちやひと、そこで起こることを味わいつくすための宿をつくりたい」という言葉どおりに、宿泊施設はもちろん、まちの人にも開放されたダイニングスペースも充実した空間ができあがった。コンセプトは、ブリコラージュ。フランス語で、「寄せ集めて自分でつくる」という意味だ。その言葉どおりに運営するメンバーをはじめ、空間やインテリアでもさまざまなパーツや文化を寄せ集めてつくられている場だ。

【画像2】オープニングイベントに集まった株式会社タンガテーブルのメンバー。それぞれ北九州だけでなく全国で活躍中(画像提供:Tanga Table)

【画像2】オープニングイベントに集まった株式会社タンガテーブルのメンバー。それぞれ北九州だけでなく全国で活躍中(画像提供:Tanga Table)

【画像3】リノベーションスクールのメンバーも参加して行われたダイニングスペースの施工状況(写真撮影:Tanga Table)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会