ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フラワーネイルがふんわり描ける♪絵の具の“にじみアート”テク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絵の具でネイルアート?絵の具の良さを生かしたデザイン

絵の具でネイルアート?絵の具の良さを生かしたデザイン

最近では様々な素材のジェルアートが溢れています。同じ物を描くにしても素材を変えるだけで印象ががらりと変わってきます。
基本のジェルアート、絵の具、エアブラシ、生地のような素材、マットコートなど…
それぞれに特徴があり、良さがあります。
今回はその中でも、絵の具を使ったデザインに注目したいと思います。

 
絵の具で作る“にじみアート”の手順

絵の具で作る“にじみアート”の手順

使う絵の具は、主に学生の頃に美術で使っていた方が多いのではないかと思いますが、アクリル絵の具を使います。
まずベースになるカラーを塗り、硬化させます。
さらにマットコートを塗り硬化させ、未硬化ジェルを拭き取ります。
表面がしっかり乾いたら、お水に溶いてジャバジャバにした絵の具をジェルの上ににじませます。
さらに乾いたら、また同じように絵の具を乗せると、透き通ったような品のある柄になりますよ。
色を重ねる時のポイントは
●絵の具が透き通るくらい水で溶く。
●一度目がしっかり乾いてから、次のアートを描くこと。
わざと乾く前に乗せると、絵の具がにじんでマーブルのような柄になります。
それはそれでまた1デザインとして可愛いですよ。

 
アートに決まりなんてない!無限の可能性が広がるネイルの世界

アートに決まりなんてない!無限の可能性が広がるネイルの世界

紙に絵の具で絵を描こうと思い、筆から絵の具がポタッと紙の上に落ち、慌てて拭いた経験はないでしょうか。
その時に紙の上にシミになった絵の模様をイメージして描きましょう。
失敗したかも?と思った模様も、綺麗なデザインの一部として使えるのです。
アートに決まりはありません。
「こうあるべき」という固定観念から抜け出せるとアートの世界は無限になり、素敵なデザインが生まれるのではないでしょうか。

安齋梨恵(Vivian Nail Salon)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。