ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大沢樹生の親子じゃない訴訟 父子確率0%鑑定でも難しい裁判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2年前に世間の耳目を集めた大沢樹生(46才)と長男Aくん(18才)の“実子確率0%”騒動が、ようやく決着をみるようだ。

 事の発端は2013年12月。大沢が前妻・喜多嶋舞(43才)との間に生まれたAくんについて「DNA親子鑑定を行ったところ、“父子確率は0%”という結果で、自分はAの父親ではなかった」と会見で語ったことだった。しかし、大沢の発言に対して喜多嶋とAくんは完全否定。騒動は過熱し、連日連夜ワイドショーを賑わせた。

 あれから2年あまり、騒動は新たな局面を迎えていた。

「大沢さんは騒動になる数か月前に、鑑定結果をもとに『親子関係の不存在』の確認を求める調停を家庭裁判所に申し入れていました。しかし喜多嶋さんサイドは取り合わず、そのまま調停は不調に終わってしまったため、今年の10月に訴訟に発展したのです」(大沢の知人)

 大沢は2005年に喜多嶋と離婚。2008年に元モデル女性と再婚し、昨年1月に第一子が生まれている。

「大沢さんにとって、新たな家庭を築く上でAくんが実子であるかないかは大きな問題です。現在、Aくんの親権は喜多嶋さんの両親に移っていますが、実子である以上Aくんは大沢さんの財産の相続権があります。大沢さんとしては遺産相続問題も含め、今のうちにAくんの戸籍を抜きたいという思いが強いようです」(前出・知人)

 10月8日に東京家庭裁判所で第一回口頭弁論が行われた。大沢は出廷したが、Aくんの姿はなかった。家裁の判決は19日。キーポイントは、大沢が証拠として提出したDNA鑑定書類にあるという。

「鑑定が長男の同意のもとで行われておらず、鑑定材料が本当に長男のDNAだったかを証明することができないのであれば、裁判所が証拠として採用しない可能性が高い。そうなると、大沢さんの主張は認められないでしょう。ただし、家裁が再鑑定を命じる可能性も0ではない。その場合、判決は再鑑定の結果次第となります」(親子問題に詳しい弁護士)

 仮に再鑑定して「父子確率0%」という結果が出ても、極めて難しい裁判になるという。

 過去、同様にDNA鑑定結果をもとに親子関係の不存在が争われた事案では、最高裁が「科学的証明があっても父子関係は取り消せない」とする判決を出したが、5人の判事のうち2人が反対という薄氷の結果となった。

 最高裁の判事でも意見が割れるこの問題──。現在、米国でようやく平穏な生活を送り始めたというAくんのためにも、一刻も早い解決が待たれる。

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大沢樹生「人事訴訟」起こせば再鑑定拒否の喜多嶋舞が不利に
大沢樹生・喜多嶋舞の調停 弁護士が喜多嶋に有利な戦略解説
DNA親子鑑定 費用は2万円から、ネットで申し込みも可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP