ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、メールアプリ「Outlook」をv2.0にバージョンアップ、アカウント統合ビューを追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft がメールアプリ「Outlook」のメジャーアップデート版 v2.0.1 をリリースしました。今回のアップデートでアカウントの統合が行われており、複数のアカウントを登録している場合には全てのアカウントの受信メールを「受信トレイ」で、送信メールを「送信済み」で確認できるようになったほか、未読件数も表示されるようになりました。アプリの UI デザインも一部変わっています。基本的には従来のスタイルを継承していますが、メール画面の上部タブやスライドメニューの機能タブの色がアクションバーのブルーに統一されたり、コンテンツ画面に表示されていた検索ボタンがアクションバーに移動するなど、細かい変更が行われています。「Outlook」(Google Play)

■関連記事
Google、来年よりGoogle Playの全アプリで広告表示機能の有無を明示
Google、「Googleアプリ」の検索機能で他社アプリとの連携を強化、アプリを開くことなく検索結果の閲覧などが可能に
Google、Android Marshmallowのマイナーアップデート版「Android 6.0.1」と「Android 6.1」 を準備中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP