ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、来年よりGoogle Playの全アプリで広告表示機能の有無を明示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android アプリの提供者に配信しているメールの中で、広告を表示する全てのアプリを Google Play ストアの中で「広告表示あり」と表示する方針にしたと発表しました。広告機能の表示はファミリー向けのアプリでは既に導入済みで、無料アプリだとしてもアプリ内で広告が表示されるものには「広告表示あり」のテキストが表示されます。これを全アプリに展開するということです。Google はアプリの開発者に対して、2016 年 1 月 16 日までにデベロッパーコンソールにログインして、アプリがネイティブ広告、第三者の広告ネットワークを介して配信される広告、ディスプレイ広告、バナー広告などの広告を含んでいるのかどうかを宣言しなければならないと通告しています。もし、広告表示の有無を詐称すると、デベロッパープログラムポリシーの違反と判定される可能性が出てくるとのことです。Source : Google

■関連記事
Microsoft、メールアプリ「Outlook」をv2.0にバージョンアップ、アカウント統合ビューを追加
Google、「Googleアプリ」の検索機能で他社アプリとの連携を強化、アプリを開くことなく検索結果の閲覧などが可能に
Google、Android Marshmallowのマイナーアップデート版「Android 6.0.1」と「Android 6.1」 を準備中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP