体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「スター・ウォーズ」エリート集団・ストームトルーパーは、なぜ『フォースの覚醒』でデザイン変更されたのか?

エンタメ
「スター・ウォーズ」エリート集団・ストームトルーパーは、なぜ『フォースの覚醒』でデザイン変更されたのか?

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が1ヶ月後、ついに公開される。同シリーズ旧3部作エピソード4、5、6に登場する”帝国軍”(ダース・ベイダーなどが所属)に属すストームトルーパーは、帝国軍の任務の数々をこなすエリート集団で、膨大なキャラクターたちが登場するシリーズの中でも常に上位にランクインするほどの人気を誇るキャラクターだ。しかし、新たなる3部作に登場するストームトルーパーの白い装甲はリニューアルされ、現代的なデザインへ変更されている。

なぜ今回、シリーズ各作品にまたがって登場する代表的なキャラクターに手が加えられたのか?1つは、彼らの所属部隊が〈帝国軍〉ではなく 〈ファースト・オーダー〉だということ。既に発売されたフィギュアでもこの事実が明らかになっており、今回の彼らの活躍にも大きな変化があることが予想され、ファンの間で話題となっている。

さらに、本作の衣装デザインには、J.J.エイブラムスも関わった「スター・トレック」新シリーズや、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11)、過去には『ブレードランナー』(82)、『フラッシュダンス』(83)、 『アルマゲドン』(98)、『ファイト・クラブ』(99)、『Mr.&Mrs.スミス』(05)などの大作を手掛け続けている大物デザイナー マイケル・カプランが起用されているが、同氏いわく「J.J.はひと目でストームトルーパーだと分かりながら、30年近くの月日が経っている事も考慮し、しかもファンが大喜びするようなデザインを望んでいました。新デザインで私は”シンプル化”を行いました。たぶん潜在意識の中で『Appleだったらどうするか?』を考えていましたね。また、今度の映画はアクションも多いから前のものより重いしとても頑丈なんだ」とデザインの経緯と新ストームトルーパーの活躍を暗示するコメントもしている(参照:Variety Fair)。

そんなストームトルーパーが自宅にやってくるかもしれない「STAR WARSスペシャルキャンペーン」が、ファッションショッピングサイトZOZOTOWNで開催されている。同サイトは、「スター・ウォーズ」商品が揃う特設ショップ「STAR WARS CORNER」をオープンし、約40ブランドによるスペシャル商品を同サイト限定・先行で販売。さらに、「スター・ウォーズ」商品を購入した人の中から抽選で、新デザインの「ストームトルーパーが自宅にやってくる」特別配送キャンペーンも実施している。

また、同サイトでは「スター・ウォーズ」の商品だけに限定する事無く、キャンペーン期間中であれば全商品を対象に、特別仕様のデリバリーボックスで配送(数量限定)。これは、新デザインのストームトルーパー マスクに組み立てられるスペシャルデリバリーボックスとなっており、実際に装着も可能とのこと。いち早くGETし、早速〈ファースト・オーダー〉ストームトルーパーになってみてはいかがだろうか?

https://youtu.be/SdAUiyeJMFQ

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会