ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「神様に祈るだけでは、問題は解決しない」ダライ・ラマの発言に考えさせられる(仏・同時テロ)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

独・メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて事件後初めて発言が行われました。

ここでは、彼のコメントの一部を紹介します。

神に祈るだけでは
本質的な問題を
解決することはできません

“調和”と“協調”のある世界へ

ただ神様に祈るだけでは、本質的な問題は何も解決することができません。私は仏教徒ですから、祈りを信じています。しかし、この問題をつくり出してしまったのは、我々人間なのに、いま私たちは、神様に解決を求めている。それでは筋が通りません。神様はきっとこう言うはずです。「自分で解決しなさい」と。なぜなら、始まりは私たち人間なのですから。

“調和”と“協調”、人道的な価値を育むために私たちに必要なのは、計画的なアプローチです。もし、今すぐそれ始めることができるなら、今世紀はこれまでとは違う結果になるはず。それは、この世界に生きる私たちみんなの利益です。

家族や社会のなかで平和のためにつくしましょう。神様からの救いを期待してはいけません。もちろん、仏様や政府にも。

私たちが今日直面している問題は、信仰や国籍のわずか「表面的な相違」の結果ではないでしょうか。私たちはみな、ひとりの人間なのです。

Top photo by Francine Orr/ Los Angeles Times
Reference:i100 , DW.COM

 

関連記事リンク(外部サイト)

コーラを愛するデザイナーが「飲み過ぎないため」に作ったロゴ
オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
「会社が自宅を清掃」「オフィスはあえて郊外に」社員を輝かせる先進企業のユニークな6つの戦略

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP