ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お笑いコンビ「シソンヌ」のじろう扮するコントキャラ「川嶋佳子」が綴った日記とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「川嶋佳子」という女性をご存じだろうか。年齢は46歳~48歳。独身の事務職OL。少々風変わりなところもあるが、真面目で優しい性格。職場の20代の「若林ちゃん」が友達で、2回り年下の男性と交際中。恋愛経験は意外と豊富。

とはいえ、実在の人物ではない。2014年「キングオブコント」で優勝、「芸人が最もライブを見に行くコンビ」と称される「シソンヌ」のじろうがコントで長年演じているキャラクターだ。

そんな彼女がスマートフォンサイト「ケータイよしもと」にて、2012年6月~2013年10月に連載した日記「甘いお酒でうがい」(税抜1100円)が、1冊の小説となって、12月18日(金)にKADOKAWAから刊行される。

平凡な中年女性が517日間コツコツと綴った日記から漂うのは、誰でも覚えのある人生の物悲しさ。その悲しさを「乗り越える」のではなく「付き合っていく」姿は、読む人の人生にも何かしらのヒントを与えてくれるかも?!

「稀代のコント職人」として各界から注目を集めており、俳優としても活躍中の著者シソンヌじろうは、「この日記を書いたのは恐らく彼女であって、僕ではない。読み返しても、こんなこと書いたっけ?と思う箇所がいくつもある。この日記を書いているとき、もしかしたら僕の外見はおばさんになっているのかもしれない」とあとがきに記している。

ここまで読んだら、いったいどんな内容なのか気になって仕方ない人も多いのでは?今週金曜日には、ぜひ書店へ足を運んでみよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP