ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もみじは約3,000本!京都・永観堂の「紅葉ライトアップ」が幻想的すぎる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紅葉の名所は数あれど、京都・永観堂(禅林寺)は名実ともにトップクラス。その美しさは、『古今集』で「もみじの永観堂」と詠まれているほどです。

見頃を迎えている現在は、夜の“特別拝観”を実施中。今年もまた、幻想的な光景を一目見ようと、多くの人が殺到している模様!

約3,000本もの“もみじ”が
鮮やかにライトアップ!

山の中腹の、境内でもっとも高い場所にある多宝塔。生い茂る木々がそれを包み込んでいます。

境内中央にある放生池には、ライトアップされたもみじが映し出されています。

俯瞰して楽しみがちな紅葉ですが、接近して見つめるのもまたイイですよね。

昼はまた違った表情を見せてくれる放生池。

こんなにも神秘的な光景が見られるなんて…人気なのも納得です。

ライトアップは2015年12月3日(木)まで開催。期間中は、国重要文化財で「みかえり阿弥陀」の名で親しまれる本尊も参拝できるのだとか。

京都屈指の紅葉の名所―。噂に違わぬその実力を、ぜひ体感してみてください。

Licensed material used with permission by d_a_i_s_o_n , junichiro.takikawa , yurifleur , yuuto__o , shun.0127,  kxaxtx7x19x

関連記事リンク(外部サイト)

【1ヶ月限定】瑠璃光院の紅葉が「幻の絶景」と呼ばれる理由とは?
ここ、日本です。まさかの「発泡スチロールでできたホテル」が美しすぎると話題に!
蜷川実花がデザインした「新幹線」。移動時間が最高に楽しくなりそう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP