ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空気が読めない人(KYな人)に共通する10の特徴と対処法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。

ここでは、そんなときに役立つ空気が読めない人の特徴を紹介します。なかには対処できる場合もありますが、注意点も含めて確認していきましょう。

1.周りが見えてない…

私、空気が読めないから…と自己申告する人もいますが、本当に空気が読めない人というのは、自分がKYなことをして周囲がどん引き状態になっても、それ自体に気付きません。

自分が空気を読めていないことに、全く気付いていないのです。本人に悪気がないときもありますので、できるだけストレートに、かつこっそりと教えてあげるといいかもしれません。

2.自尊心が高く、勘違いしてるかも

空気が読めない人は、自分が空気が読めていないことに気付いていないだけではなく、多くの場合、「むしろ、うまいことやった」「うまいことを言った」など、自分の言動を高く評価してる、という特徴があります。

ですから、自尊心を傷つける対処法を行うと、却って本人をイジケさせ、トラブルを大きくすることもあるので要注意。

3.他人に厳しい傾向

空気が読めない人というのは、自分には甘いけれども、他人には厳しく、他人のちょっとした失敗も必ず指摘するような特徴があります。

その発言によって相手がどう思うのか、考えていないことも。ですから、周囲の人も「どうせ何も考えないで言ってる」と思っておくのが良いでしょう。

4.口が軽い

他人に厳しいのと同じく、何も考えないで、言ってはいけないことをさらりと言ってしまうのも特徴のひとつ。

その場に居ない友人の気まずい噂話や、目の前にいる友人に対して「太ったね!」って言ってしまうなど、その後のことはあまり考えていないかもしれません。

5.自称面白い

空気が読めない人に多いのが、自分では面白いと思っているというタイプ。

飲み会などでこれが露見することが多く、普通に仕事をしていたハズなのに、飲み会になると急に無礼講モードになって誰彼構わず無茶を働くことも……。

新入社員だったりしたら即注意されますが、キャリアを積んでいるとややこしいことに。敬遠される対象になっているかもしれませんね。

6.人の話を聞かない

空気が読めない人の特徴として、我が強いということが挙げられますが、特に、自分の話ばかりで人の話を聞いてないことが。

それはメールでも同様で、よく読まずに返信することも多いようです。読んでないな、聞いてなかったな、と思ったら、もう一度言ってあげましょう。

7.気が利かない

自分の中では、これでヨシ!と思っていますので、気を利かせて相手のために何かしたり、話を合わせたり、相手に話をさせるというようなことはありません。

普段から空気が読めない人には、最初から期待しないのが一番です。

8.時間にルーズor超厳しい

空気が読めない人の、時間に対する概念は二分されます。
ルーズでドタキャンが日常茶飯事な人と、反対に時間にものすごく厳しく、相手の遅刻やドタキャンを絶対に許さない人。

どちらも厄介ですが、ルーズなタイプの相手に関してはそういう人だと割り切ることが大切。3人以上で待ち合わせをして、遅れたら置いていくか、ドタキャンされた場合の自分の予定を勝手に立てておきましょう。

厳しい人に対しては…一理あるので、遅れないように気をつけたいものです。

9.見栄っ張り

空気が読めない人の中には、とにかく相手より自分を上に置きたい人も。

競争しているわけでもないのに、なんでもかんでも張り合ってきます。新しいバッグを持っていけば「私もこの前買ったの!」と言い出したり、ちょっと面倒。

こんな人には、「ほんとー?今度持ってきてね!」と持ち上げて話題を変えちゃいましょう。

10.自分=常識だと思っている

空気が読めない人は、自分の考えはすべて常識だと思っているので、許容範囲が狭い特徴が。

世の中にはいろいろな考え方や事情があるということを、あまり考慮していません。

空気が読めない人に対しては、相手の特徴をよく把握し、基本的に、最初から「そういう人だ」と思ってお付き合いをするのが、最も賢い対処法と言えるかも。

関連記事リンク(外部サイト)

動物に好かれる人に共通する5つの特徴
几帳面な人の3つの「長所」と「短所」
さとり世代に共通する10の特徴

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP