体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人もアツくなれる『ドラゴンボール』おもちゃ コレクション要素と遊びを両立した最新ボーイズトイをレビュー

大人もアツくなれる『ドラゴンボール』おもちゃ コレクション要素と遊びを両立した最新ボーイズトイをレビュー

7月に放送開始した新作アニメシリーズ『ドラゴンボール超』が、「ミスター・サタンがスーパーサイヤ人化する予告」「ベジータが手料理をふるまうエピソード」などで話題を呼び、人気再燃中の『ドラゴンボール』。9月以降にはバンダイから2種類のボーイズトイ製品が登場し、おもちゃ単体でも独自の世界観を展開しています。

『ライジングスカウター』と『ディスクロス』は『妖怪ウォッチ』と『妖怪メダル』の関係!?

bandai_db2 bandai_db3

10月に発売した『ドラゴンボールライジングスカウター』は、一見するとスカウターを使ったごっこ遊びができるおもちゃ。

bandai_db3b

ボタンを押すとレンズが光り、敵の戦闘力をスキャンしている気分に。暗闇で使うとなかなかカッコいいです。

bandai_db4 bandai_db5 bandai_db6

本体をよく見ると、耳当て部分に開閉式のホルダーがあります。ここには、ディスク状のアイテム『ディスクロス』を装着することができ、『ライジングスカウター』で読み込むと、『ディスクロス』に描かれたキャラクターのボイスが再生されます。『ディスクロス』裏面のQRコードと凹凸のパターンを読み取っているようです。

この関係って、何かに似ていますよね。そう、『ライジングスカウター』は『妖怪ウォッチ』、『ディスクロス』は『妖怪メダル』のような関係なのです。

『ディスクロス』はもともと、アーケードゲーム『くじガシャポン』に使えるアイテムとして販売されているもの。1枚でも『ディスクロス』を持っていると無料で『くじガシャポン』を遊ぶことができ、ゲームクリア後に当たりが出ると特別な『ディスクロス』がもらえる、というシステムになっています。これも『妖怪ウォッチ』の『妖怪メダル』で遊べる『くじガシャポン』、『妖怪おみくじ神社』と同様のシステム。

bandai_db7

『ディスクロス』には、『くじガシャポン』でキャラクターの選択に使える『バトルディスクロス』と、『バトルディスクロス』をパワーアップさせる『ライジングディスクロス』の2種類があります。『バトルディスクロス』には、「識別ナンバー」、パワーを示す数値の「神力」、「属性」を記載。

bandai_db8

『ライジングディスクロス』には「ディスクロスナンバー」と「レベル」、「神力」、「属性」を記載しています。

bandai_db9

スカウターに『バトルディスクロス』をセットすると、本体に登録してある6種類のボイスからランダムで再生。

bandai_db10

スカウターに『ライジングディスクロス』をセットしてボタンを押すと、解析(読み取り)が始まります。解析後に属性と神力を読み上げ、SSGSS 孫悟空なら「負けるわけにはいかねえんだ!」、魔人ブウ(善)なら「おまえとあそんでやってもいいぞ」など、絵柄のキャラクターの1種類のセリフを再生。本体には36キャラクター、100種類以上の音声を収録しているのだとか。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。