ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『下町ロケット』好調の阿部寛 「敵は乾燥」と加湿器10台設置

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月15日放送の第5話では、平均視聴率20.2%を記録するなど、大人気となっているTBS系ドラマ『下町ロケット』。主人公・佃航平を演じる阿部寛(51才)はこの時期、風邪をひきやすいこともあって「乾燥が強敵」と公言している。

 そんな彼のこだわりが加湿器。リビングには6~7台、8畳ほどの寝室には3台の加湿器が並ぶ。

「寝る時にもっと加湿が欲しい場合は、枕元に加湿器を置くらしく、朝起きたら顔が“ビチャビチャ”になって、かえって風邪をひいちゃうこともあるんですって。もちろん窓の水滴もすごくて、阿部さんは毎日窓ふきをして出かけるのが日課。だから彼の自宅の窓はいつもピカピカなんだそうですよ。ちなみに加湿器のカビとかが絶対嫌だから、お手入れも完璧。容器は必ず熱湯で煮沸して水を入れるから、毎日30分は加湿器に時間をとられているようです」(芸能関係者)

 そんな阿部はもう10年以上、理髪店や美容院へ行っておらず、髪の毛は自分で切っているという。先日出演した『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で、その理由をこう明かした。

「美容院とか行くと、寝てる間にバッサリ切られたりすることないですか? そういうことがあるんで、こうなったら自分で切っちゃおうかと。意外とこれがいいんですよ」

 はさみを髪の毛に縦に入れ、切っていくが、後ろは見えないため、たまにハゲちゃうこともあるという。

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阿部寛 長女の名門幼稚園説明会にマスク2枚重ねの重装備
下町ロケット吉川晃司 個性派俳優揃う中で存在感際立つワケ
東尾理子が石田純一をブログに登場させることを心配する声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP