ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

借金するために同窓会に来た男性「人生捨てたもんじゃない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本当にお金に困ったとき、あなたはどんな行動を取りますか──? 44才・会社員の女性・Kさんが、中学の同窓会で起きたエピソードを告白する。

 * * *
 中学校の同窓会に、20年ぶりに参加しました。会は盛り上がり、2次会に行こうと店を出ると、外では不穏な空気が漂っていました。

「お金を貸してくれないか」

 そう話していたのは、同級生のAくんでした。当時は髪を染めて悪ぶっていたのですが、真面目に親の家業を継いだという噂を、聞いたことがありました。

「店がつぶれそうなんだ。1年以内に、必ず返すから」

 Aくんはあちこちに頭を下げています。彼は同窓会には参加していなかったのですが、お金を無心するために、同窓会が終わるのを待ってやってきたのでした。

「こいつが返すわけない」

 そう呟いたのは、中学時代にAくんにからかわれていたクラスメートです。その声に、「そうだよな」と同調する声が。それでもAくんは、白髪交じりの頭を「お願いします」と、ひたすら下げています。

 必死なAくんの姿を見ていられず、私は、返してもらわないつもりで「少ないけど」と、3万円渡しました。Aくんは驚いた表情で顔を上げると、「ありがとう! 絶対に返すから」と、私の手をギュっと握りました。

 それから約束の1年が過ぎ、さらに半年が経った頃。Aくんから電話がありました。約束の喫茶店で待っていると、スーツを着たAくんが来て、「遅くなってごめん」と、3万円が入った封筒を渡してくれました。

「こんなおれに金を貸してくれた時、人生捨てたもんじゃないって思えたよ。生きる希望になったんだ。本当にありがとう!」

 そう言って涙を浮かべるAくん。正直、彼を信じきれていなかった自分が恥ずかしくなりました。私の方がAくんから、大切なものを学んだ気がしました。

※女性セブン2015年11月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
同窓会の「幹事代行」 仕事や子育てで忙しい30、40代に人気
50才パート女性 高校同窓会でときめき、メールでも胸キュン
金子哲雄氏 “絆”ブームで今年は同窓会が増えると予測する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP