ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チャーリー・シーン、テレビ番組『トゥデイ』でHIV感染を告白へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

複数の報道によると、俳優のチャーリー・シーンが11月17日(現地時間)、NBCの朝のニュース番組『トゥデイ』でHIVに感染していることを告白するという。

17日の『トゥデイ』の中で、シーンが「個人的な告白」を準備をしていると、16日の番組内でプレスリリースを行った。CBSのテレビドラマ『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』に出演していたシーンは、『トゥデイ』のホストであるマット・ラウアーの独占インタビューに応じる。この様子はニューヨークシティのスタジオ1Aから生中継され、『Today.com』からも見ることができる。

シーンの告白が何を表すのか、NBCはその詳細を明かしていないが、芸能雑誌のナショナル・インクワイアラーは、シーンがHIVに感染していると報道した。現地メディアのTMZもまた、『トゥデイ』に近い情報筋から、シーンがHIV感染を告白するだろうとの情報を掴んでいて、ピープル紙もまた同じような報道をした。

広報兼クライシス・マネジャーのハワード・ブラグマンは、ピープル紙に「しばらくの間葛藤していた。彼は必ずしもこの事について、話したいと思っていない。彼にとって、この病気を公表する勇気を奮い立たせるのは、非常に難しかった」と話した。続けて、シーンが治療を受けていることや彼の親しい人の多くは彼の病気について知っていると付け加えた。

アクセス・ハリウッドによると、シーンの元妻で女優のデニース・リチャーズは、シーンの病気を「何年も前から」知っていたという。また、この情報筋によると、リチャーズとシーンの2人の娘は感染しておらず、HIVに感染したのは2006年の離婚の後だという。

ナショナル・インクワイアラーのタブロイド版は、先月の記事で「悪名高きハリウッドの女たらしが致命的な健康危機を隠していた」、「ハリウッドのスーパースター、エイズと決死の戦い」と匿名のタイトルで発行し、シーンの身元を明かさなかったが、11月16日の朝、同誌はホームページにてシーンの名前を掲載した。情報筋によると、ナショナル・インクワイアラーは11月18日号に「金ピカの町を揺るがす億万長者の隠ぺい」として、全ての話を暴露するようだ。

本紙ヴァラエティは、長い間シーンの広報担当を務めたジェフ・バラードと接触し、この状況に対処する方法について、シーンと意見の相違が生じ、彼から離れたとの情報をつかんだ。FXシリーズのテレビドラマ『Anger Management(原題)』で、バラードは共同エグゼクティブ・プロデューサーとしてシーンと一緒に仕事をしていた。

本紙ヴァラエティは、複数の報道へのコメントを求めるために『トゥデイ』に接触している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP