ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホーキング博士の“宇宙論”をアートにしたプロジェクションマッピングが美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリス・ケンブリッジ大学にある「キングス・カレッジ・チャペル」で公開された、ある映像アートが話題になっている。

同大学の同窓生が集い、ケンブリッジ大学の今後の成長を目指した講演会やキャンペーンなどが行われていたのだが…

そこで“大学への寄付”を募るためのアートイベントとして公開されたのがこちら。

Miguel Chevalier氏が手掛けたプロジェクションマッピングは、一般相対性理論で知られるスティーブン・ホーキング博士の“宇宙論”を、16世紀の歴史的建造物である「キングス・カレッジ・チャペル」の内部に投影するというアート作品。

“生物学”や“アフリカ”“神経学”“物理学”など、ホーキング博士のライフワークとなっている研究テーマをもとに、Chevalier氏がイメージしたプロジェクションマッピングが、天井から壁一面に渡って映し出されたという。

光の洪水は、目がくらむほど美しく、まるで宇宙や世界の神秘を体現しているよう。

ちなみに同礼拝堂で、このようなアートイベントが行われたのは初めてのことだそう。

宇宙のミステリーと生命の美しさが共存する、プロジェクションマッピングの様子はこちらから。

Miguel CHEVALIER Dear World… Yours, Cambridge from Claude Mossessian on Vimeo.

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP