ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三戸ちゃんがクマ語に挑戦!? 映画「パディントン」の日本語吹き替え声優に三戸なつめが参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全世界で大ヒットを記録したロングセラー児童小説「パディントン」の実写映画が2016年1月15日(金)に全国公開される。
主人公のくまのパディントンの日本語吹き替えを担当した松坂桃李に続き、木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、そして歌手として活躍中の三戸なつめも日本語吹き替え声優として参加することが決定した。

新たに発表されたのは、謎の美女ミリセント役に木村佳乃、親切なブラウンさん一家の父・ブラウンさん役に古田新太、母・ブラウン夫人役に斉藤由貴。

三戸なつめが演じるのは、反抗期で「キモい」が口癖だけどしっかり者のブラウン一家の娘・ジュディ。
本作で吹き替え初挑戦の三戸ちゃんは、「とてもやってみたかった仕事でしたし、しかも小さい頃から見ていた大好きなパディントンの映画化だったのですごく嬉しかったです」とコメント。
「セリフをいうタイミングだったり、イントネーションが難しかったです。ジュディが中学生だったのでいつもより高い声でセリフを言ったり子供らしさを大事にしました」と苦悩して挑んだことを明かした。
また、ジュディはパディントンからクマ語を教えてもらうシーンがあり、三戸なつめもクマ語に挑戦! 「私のクマ語も是非聞いてください!^ ^」とコメントしており、こちらも映画の見所となっている。


https://youtu.be/zvVue15-ZWc

【STORY】
ロンドンのパディントン駅のホームに立つ、真っ赤な帽子を被った小さな紳士。はるばるペルーから家を探しにやって来た彼は、英国紳士もビックリの丁寧な言葉づかいで、行きかう人々に話しかける。けれども誰からも相手にしてもらえない──それは、彼が“野生のクマ”だから!
スーツケースいっぱいに詰めた故郷のマーマレードも旅の途中で食べつくし、もはや非常用のマーマレードサンドしかない。ひとりぼっちでお腹を空かし途方に暮れる彼に声を掛けたのは、家族旅行から帰って来たブラウン一家のお母さん、メリー(サリー・ホーキンス)だった。出会った駅名から彼に“パディントン”と名付けたメリーは、嫌がる夫のヘンリー(ヒュー・ボネヴィル)をなだめ、家へと連れて帰る。
反抗的な娘のジュディ(マデライン・ハリス)、いたずら盛りの息子のジョナサン(サミュエル・ジョスリン)と共に、家政婦役の親戚のバードさん(ジュリー・ウォルターズ)が待つブラウン家に到着早々、初めて見るバスルームでトイレを壊し、オシャレな家を水浸しにしてしまうパディントン。心配性でリスク管理が仕事のヘンリーは、朝一番でパディントンを役所に引き渡すと激怒する。
落ち込むパディントンにメアリーは、パディントンのおじさん夫婦が出会った探検家を捜してくれるという。おじさんにロンドンに来れば歓迎すると約束した人物だ。冒険物語の挿絵画家であるメアリーは、パディントンの話を信じていた。
手始めにメリーは、知り合いの骨董屋グルーバー(ジム・ブロードベント)に、パディントンのおじさんが探検家からもらった赤い帽子を見てもらう。その間パディントンは、大追跡の果てにスリを捕まえる。新聞の紙面を飾り、あっという間に街のヒーローとなったパディントン。ジュディとジョナサンも心を開き、やがて3人は仲良しになる。ヘンリーからもらった子供たちのお下がりの青いダッフルコートを着たパディントンは、もはや家族の一員だ。ついにヘンリーも探検家が見つかるまでパディントンを泊めることに同意する。
ところが、そこに事件が起きる。謎の美女ミリセント(ニコール・キッドマン)が一人で留守番中のパディントンを捕獲しようと襲撃、パディントンは防戦に成功するが、ボヤを出してしまう。襲われたと話しても、メリーにさえ信じてもらえず、家を出て行くパディントン。「泊めてくれてありがとう。ステキな家族でした」と置き手紙を残して──。
パディントンの頼りは、帽子から判明した探検家の名前だけ。同姓同名の何十軒もの家を訪ね歩くパディントン。諦めず彼を狙うミリセント、心配のあまり捜し続けるメリー。果たして、パディントンは“帰るところ”を見つけることができるのか──?

■映画「パディントン」
公開日:2016年1月15日(金)全国ロードショー
出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー(声の出演)
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド

映画「パディントン」 オフィシャルウェブサイト
http://paddington-movie.jp

© 2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™,
Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP