ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柿でヤセる! あまーい置き換えダイエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今が旬の果物、柿。甘くておいしい柿には、栄養価が豊富です。また、うまく取りいれればダイエットにも活用できます。
今回は、柿がもつ身体にうれしい効果と、ダイエット方法をご紹介。

柿1個で1日に必要なビタミンCがとれる


柿には、コラーゲンを合成し健康な肌を作ってくれるビタミンCが豊富に含まれています。1個に対するビタミン含有量は100グラムほど。成人の1日あたり必要なビタミン摂取推奨量が100グラムと言われているため、柿を1個食べれば1日に必要なビタミンCをとることができるのです。
ビタミンCには新陳代謝を活性化させる効果もあるため、代謝がよくなり、ヤセやすい身体を作ることができます。
また、柿は食物繊維が豊富な食材。そのためダイエットの大敵である便秘を予防することも期待できるんです。
さらに、強い抗酸化作用を持つβカロテン、血液をサラサラにするタンニンなども多く含まれているので、まさに栄養の宝庫だと言えます。

主食を柿に、置き換えダイエット

身体にうれしいことばかりの柿。1個あたりのカロリーは約96kcalと低カロリーです。
そこで、ダイエットをするなら、1日1食をごはんやパンの代わりに柿を食べるのがおすすめ。ご飯一杯は約235kcal、食パン一枚は約166kcal(6枚切り1枚)なので、置き換えればカロリーをカットすることができます。おかずは普通に食べても大丈夫。
置き換えるタイミングは、朝食のときがもっとも効果的です。柿に含まれている糖分がその日1日のエネルギー源になります。
ただ、糖分のとり過ぎは逆に太るもとになってしまうので、置き換えをするのは1日1食だけにして、他の食事は普通にご飯やパンなどの炭水化物を食べるのが◎。

置き換えが難しいならおやつに取りいれる

「主食が無いとどうしても嫌だ…..」という人は、間食をお菓子ではなく柿にするとよいです。お菓子を食べるよりも栄養素をしっかりと補給でき、美肌効果も期待できます
「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざが昔からあるほど、柿は健康増進に効果的な食べもの。ただ、やはり食べ過ぎは禁物。糖分過多にならないよう食べる量は1日1個に抑えておいた方がよさそうです。

飲み会シーズンには、二日酔い防止に

柿のよい効果はまだまだあります。なんと柿に含まれているタンニンには、アルコールを分解する酵素が含まれているのだとか。
そのため、クリスマスや忘年会シーズンでお酒を飲む機会が増えるこれからの季節、お酒を飲む前に柿を食べておくと二日酔い防止になります。
この時期、柿が実家から送られてきたり、ご近所から柿をもらったりする機会が増えるのではないでしょうか。
秋の味覚を堪能しつつ、ぜひダイエットに役立ててたいものです。
top image, kaki via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「倦怠期? 別れるべき?」と思ったら、確認するのは自分の気持ち
特別な週末に行きたい、まるでホテルのような映画館
今秋、トレンチコートもう着た?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP