ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうすぐボジョレー解禁! 自宅用ワインセラーの選び方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月になると話題にのぼるボジョレーヌーボー。ボジョレーヌーボーとは、フランスのボジョレー地区で、その年の葡萄で最初につくるワインのこと。毎年11月の第3木曜日に販売が解禁されることから、その出来映えを含め話題になるのだ。ちなみに、今年は11月19日の木曜日がその解禁日にあたる。さて、ワイン好きにとってはうれしい季節ではあるが、状態良く保管するにはワインセラーが欠かせない。最近では家庭用ワインセラーを購入する人も増えているという。だが、これから購入しようと考える初心者にとって、選び方や相場など分からないもの。ということで今回、ワインアドバイザーの櫂谷さんにお話を伺った。

――ワインセラーを購入する際、選び方のポイントはどういったことがあるのでしょう?

「収納予定ワインの消費サイクルと、ワインセラーの設置場所条件から選ぶのが良いと思います。高級なワインを何年もかけて自宅で熟成される方は、湿度やヒーター機能がついた高機能のセラー、日常的なワインのストック用に1年程度保管するなら、機能が少ない冷蔵機能だけのセラーでも問題ありません」

――設置場所によって選び方も変わってくるのですか?

「寒冷地や普段暖房がない部屋に設置する場合は、設定温度より庫内温度が低くなったときに温めてくれるヒーター機能が必要です。ヒーター機能がないセラーは、断熱だけなので冬は外気温にひっぱられ、設定温度より庫内温度が低くなります」

――なるほど。では、ワインセラーの相場ってどのくらいなのでしょう。ピンからキリまであってどれを選んでいいのか…。

「収納本数、機能、生産国の3点から価格が変わります。6本程度から200本を超えるセラーまであり、値段は6本程度で4万円〜、200本ほどで60万円くらいのものまであります。機能的にはヒーターと温度機能のあるなしで価格が変わりますね」

――なるほど。4万円ぐらいなら、日用家電として手が届きそうです。では、ワインセラーの生産国による違いはありますか?

「ヨーロッパ製や日本製のものは価格は上ですが、機能や仕上がり、パネルなど豪華なものが多くインテリアとしても優れています。また、ヨーロッパや日本のメーカーは長年の実績としてのブランド力、信頼性があります」

自宅で気軽に美味しいワインを楽しめるワインセラー。保管場所のさまざまな条件が、ワインの保存状態にも影響がありそう。まずは、保管したい場所の状況把握が重要というわけだ。購入予定の方はぜひご参考に。●取材協力
(有)カイヤ ワインアドバイザー 櫂谷さん●参考
ワイン好きのためだけの賃貸「ワインアパートメント」が渋谷に誕生!
ボジョレー解禁! ホームパーティにぴったりのワインの包み方
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/11/17/99883/

【住まいに関する関連記事】
私のグラスどれだっけ?…そんな悩みはグラスマーカーが解決!
鍋、焼肉、ワインのシミ…。ホームパーティー後の掃除、どうする?
近所にあるかも? 誰もが平等「コの字酒場」のススメ
お花見のあとはインテリアに! おしゃれな日本酒が登場
梅酒ソムリエに聞く、家でできる「最高の梅酒のつくり方」

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP