体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「家中カーペット」の気持ちよさ、住人が語る住み心地とは

全面カーペット敷きのオーナーが語る、暮らしの快適さと汚れ対策

急に秋が深まり、暖房器具が恋しい季節がやってきた。エアコンやコタツ、ホットカーペットもいいけれど、いっそのこと床全体をカーペット敷きにするのはどうだろうか? 実は誤解されていることも多い、カーペット暮らしの魅力をご紹介しよう。
激減したカーペット敷きの部屋、その理由は?

自宅のリビングダイニングや居室の床はどうなっているだろうか? フローリング派が大多数で、畳派は少数、カーペット派はほとんどいないのでは? 近年の分譲マンションの床はフローリング仕様が多く、カーペット敷きの部屋はほとんどみかけなくなった。

昭和の時代、家の中ではカーペットが大活躍していた。応接間のソファセットの下や、子ども部屋のベッドと勉強机の下にはカーペット敷きが普通だった。「畳と布団」の部屋から「ベッドとカーペット」の部屋に移れたときはとてもうれしかったことを覚えている。畳からカーペット、そしてフローリングへ……いつの間に、なぜ変わってしまったのだろう? 

カーペットルーム株式会社ブランドマネージャーで、All About「カーペット・絨毯」ガイドでもある堀田将矢さんに、その背景を伺った。

「カーペットはホコリやゴミがたまり健康によくない、というネガティブなイメージが広まったことが,
減少した要因のひとつ。ホコリはアレルギーの遠因とも言われるので、避けられるようになったのでしょう。一方で、音の問題を抱えていたフローリング用木質系床材の防音機能が高まったこともあり、日本の住宅でも一気にフローリングが主流になりました。しかし、誤解されていることも多いのです」

【画像1】堀田将矢さん。誤解されていることとは何なのだろう? 「実際にカーペットの暮らしをお見せして説明しますので、我が家に来てください」とのお誘いをいただいた!(写真撮影:井村幸治)

【画像1】堀田将矢さん。誤解されていることとは何なのだろう? 「実際にカーペットの暮らしをお見せして説明しますので、我が家に来てください」とのお誘いをいただいた!(写真撮影:井村幸治)キッチン、洗面室まですべてカーペット敷きの住まい!

「百聞は一見に如かず」と、訪ねた堀田さんのご自宅は、完成後1年も経っていない新築の一戸建て。「カーペットの床で暮らす魅力を伝えるモデルハウスにしたいという思いもあり、自宅の建て替えに際して床材はほとんどすべてカーペット敷きにしました」と堀田さん。さっそく家の中を案内していただいた。

玄関を開けると、そこから”カーペットのおうち”が広がっていた! 玄関ホール、階段、廊下、リビングダイニング、そしてキッチンから洗面室まですべてカーペット敷き。スリッパを履かずに動いてみると、足裏に伝わる繊維の感触が気持ちいい。そして、床を足指でつかんでいるというフィット感、すべらない感覚が新鮮であり、懐かしさも感じる。

椅子ではなく、リビングの床に座ってお話を伺っている横では、やんちゃ盛りの子どもたちが元気いっぱいに飛び回っている。堀田さん宅にはダイニングセットが存在しておらず、リビングのテーブルが食卓でもある。ソファも、座るだけでなく背もたれとして使うことを重視して選んだそうだ。

驚くのはキッチンや洗面室ともシームレスでカーペットが敷かれていること。境目がなく、家中がすべてつながっている不思議な感覚だ。だからなのか、家族の距離感がとても近く感じられた。

【画像2】玄関ホールと、そこから居室へ続く小階段もすべてカーペット敷き。出迎えてくれたのは幼稚園に通う元気な子どもたち。もうひとり赤ちゃんがいるから、手すりにはネットがはられている(写真撮影:井村幸治)

【画像2】玄関ホールと、そこから居室へ続く小階段もすべてカーペット敷き。出迎えてくれたのは幼稚園に通う元気な子どもたち。もうひとり赤ちゃんがいるから、手すりにはネットがはられている(写真撮影:井村幸治)

【画像3】リビングにはソファもあるが、ソファを背もたれ代わりにして「床」に座ることが多いという。「床」に座る生活なので、テーブルは日々の食卓でもある。リビングの左奥は洗面スペースに続く(写真撮影:井村幸治)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。