ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

九州のレストラン列車「おれんじ食堂」 食材も木材も地元産

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 美しい風景とご当地の味を堪能できる「秋の列車旅」。8月8日にデビューしたJR九州の『或る列車』では、九州各地から厳選した食材が使用されたコースが堪能できるなど、「グルメ列車」の注目度が高まっている。2013年の春に登場し、レストラン列車ブームの火付け役となった『おれんじ食堂』(肥薩おれんじ鉄道)もまた、地産地消がキーワードだ。

 熊本と鹿児島を結ぶ九州西海岸で運行し、食材やお酒から内装に使われている木材まで、とことん「地元産」にこだわっている。

 1日4便が運行されているが、第3便のクルージングディナーでは、不知火海のアイゴや長島地蛸、八代産の二見大長茄子、出水産の赤鶏、鹿児島産の黒豚など、地域の伝統食材を洋食仕立てにして提供する。近海で獲れた足赤エビや天然鯛、貝類のカルトッチョ(ホイル包みの蒸し焼き)は魚介の旨みが出汁に溶けだし、ふわりと抜ける潮の香りに、車窓から望む美しい海の景色が重なる。

 途中駅では地元の人々が開くマルシェ(市場)で触れ合い、特産品のお土産がもらえるお楽しみもある。家に帰ってからも九州の美味を味わうことができる、粋なおもてなしだ。

◆おれんじ食堂(肥薩おれんじ鉄道)
【区間・料金】新八代・八代(熊本)~川内(鹿児島)約1時間半~約4時間。6500円~2万1000円。1日4便/1便:ブレックファスト、2便:スペシャルランチ、3便:クルージングディナー、4便:おれんじバー。【運行】金・土・日・祝・8月10~12日。【予約】JRの主要窓口などで乗車1か月前から受付。

撮影■石井雄司

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
観光列車「肥薩おれんじ食堂」で黒豚など地元の名産品を堪能
JR九州「或る列車」 料理コースは成澤由浩氏がプロデュース
JR東日本「リゾートしらかみ」 車内で津軽三味線の生演奏も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。