体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナチュラルなのに華やか♪男性からも好印象のナチュラルメイク術

化粧が薄いだけじゃない!本当の“ナチュラルメイク”って?

化粧が薄いだけじゃない!本当の“ナチュラルメイク”って?

ナチュラルメイクって聞くと、あまりメイクしないイメージがあるかと思います。
その上華やかに見せるなんてできるの?と、疑問を持たれている方も多いですよね。
まず、正しいナチュラルメイクとは、ちゃんとファンデーションもアイメイクもしてるんだけど、まるでメイクをしてないかのように見せることなんです。
なので、ナチュラルに見えるようにベースメイクを作りこみ、ポイントメイクで華やかさをプラスしていく。
華やかに見せるポイントは、ポイントメイクに色味を足してメリハリをつけていくこと!そうすることで、とっても華やかに見せることができます!

 

ナチュラルに見えるベース作りからファンデーションのコツまで

ナチュラルに見えるベース作りからファンデーションのコツまで

【ベース作り】
まずはスキンケアをしっかり!充分に水分を与え、潤いを与えていきましょう。
手にお肌が引っ付くくらいもっちりに仕上げないと、自然なツヤ感が出せません。
それから、下地やコントロールカラーで肌色を整えていきます。
必要であれば、下地の際にコンシーラーを使って、シミやクマなど気になる部分をカバーしていきます。
【ファンデーション】
ファンデーションは少なめの量を塗っていきます。
全体に塗ってしまわず、顔の中心をメインに塗っていきます。
その後スポンジでたたき込み、肌に密着させていきます。
【フェイスパウダー】
パウダーはふんわりブラシで乗せるのがコツ。
パフでのせると、マットになり、ナチュラルさが消えちゃうので要注意です!
粉っぽくならないよう薄くのせます。

 

ポイントメイクでメリハリをプラスするポイント!

ポイントメイクでメリハリをプラスするポイント!

【アイメイク】
アイシャドウは肌に近い色を選びます。
ブラウン系のシャドウでナチュラルに立体感を出していきます。
アイラインもブラウン系のもので、まつげの隙間を埋め、しっかりボカしていきます。
マスカラはロングタイプのもので一度塗り。
【チーク】
チークは肌馴染みのいい色味を選び、リキッドチークや練りチークでナチュラルさを演出します。
ハイライトもツヤが出るタイプのものを選び、薄く重ねます。
【リップ】
リップは元々の唇の色に近い色を選び、グロスでツヤを出します。
パーツごとに丁寧に作りこみ、ナチュラルで華やかに見せていきましょう!!

堀田久美子(Blanche)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。