ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「残業ムリ」で拳銃を発砲! 坂本龍馬のVRを使った「面接ツール」を転職サイトが開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「残業ムリ」で拳銃を発砲! 坂本龍馬のVRを使った「面接ツール」を転職サイトが開発

就職・転職活動において「面接」は大きなポイントだが、緊張しすぎて本来の自分をアピールできないことも少なくない。そんなとき、坂本竜馬のような人たらしが「おお~! よう来たのう! 待っちょったじゃ!」と両手を広げて出迎えてくれたら、どんなに安心するだろう。

そんなユニークなツールを転職サイト「DODA」を運営するインテリジェンスが開発し、11月16日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)が紹介していた。DODA編集長の木下学さんは、この意義をこう語る。

「面接の場で、フルパワーを発揮して欲しいと思っている。その準備ができるという意味では、使えるツールになる」

求職者の声から感情を分析し、質問内容が変化

この龍馬はもちろん実在せず、バーチャルリアリティ(VR)で作られたもの。目的は「転職希望者の就職面接の練習」だ。龍馬は日本初の起業家で「尊敬できる人物」によく名前があがることから選ばれた。

大澤亜季子キャスターがVR用のゴーグル型装置を頭に着けると、見えている空間はリアルな和室になり、3D映像の坂本竜馬が現れる仕掛けになっている。

「わしゃあ、坂本龍馬っちゅうもんじゃ! よろしゅうな!」

実際に龍馬に会ったことがないので何とも言えないが、歴史上の偉人というよりは体育会系のお兄さんといった雰囲気だ。さっそく「おぬしの長所を教えて欲しいぜよ」などと質問が始まり、大澤キャスターは「ひとりで遊ぶのが得意なところです」などと答えていた。

この龍馬VRは求職者の声から感情を分析し、態度や質問内容が変化する。試しに姿勢を崩すなど不真面目な対応をしてみると、「残業は耐えられるかい?」との質問。

ムリですと答えると、「もう飽き飽きぜよ! これで面接終了ぜよ!」と怒った表情になり、とつぜん胸元から拳銃を取り出して発砲してきた。圧迫面接モードに変わったというが、どこかコミカルで笑える。
面接者によって判断基準に違いを解消する試みも

面接の最後には、それまでのやり取りを踏まえて求職者を「コミュニケーションタイプ」「リーダーシップタイプ」「サポートタイプ」「分析タイプ」「好奇心タイプ」の5つに分類し、適した職業を診断してくれる。

面接は受ける側が実力を発揮できないと、会社側も人材を見極めるのが難しい。面接担当者によって判断基準に違いが出てくることもある。こうした問題をテクノロジーで少しでも解消すべく開発された、という発想がユニークだ。

今後は就活イベントなどで体験会を予定しているという。就活に本当に役立つのか疑問もあるが、ゲームのような感覚なのでリラックスして練習ができそうだ。実際の面接で龍馬を思い出せば、少しは緊張がほぐれそうな気がする。(ライター:okei)

あわせてよみたい:「兵隊レベル」なら面接不要、筆記試験だけで十分という説
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。