ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「専業主婦希望者」は栃木の男性がねらい目? 婚活マッチングサービスが全国アンケート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性の生き方として、いまだ根強い人気がある「専業主婦」。しかし男性側から見ると「結婚したら家庭に入って欲しい」と思う人は意外と少数派のようだ。

恋愛・婚活マッチングサービスの「pairs」が男性会員2669人にアンケートを行った結果、女性に「専業主婦」になってほしいと答えた人は、わずか3.4%。これに対し「共働き」を望む人が35.1%となり大きく引き離した。
「共働き」希望者は徳島、秋田がツートップ

3.4%という平均値は、感覚的には低すぎるような気もする。調査対象となったpairsの利用者はスマホアプリを活用したコミュニケーションを得意としており、都会的な感覚を持っている人が多いのかもしれない。

実はpairsでは、アンケート結果を都道府県別に集計している。妻に「共働き」を希望する男性が多かった県は、1位が徳島県(66.7%)、2位が秋田県(59.1%)、3位以下は山口県(54.3%)、佐賀県(53.3%)、山形県(52.9%)と続き、必ずしも都会的というわけではなかった。

逆に、妻に「専業主婦」を希望する男性が多かった県は、1位が栃木県(10.5%)、2位が三重県(8.8%)、3位以下は福島県(7.5%)、群馬県(7.1%)、岩手県(6.9%)が続いている。共働き派よりも、やや都市部に近づいている印象だ。

ただし、全体で「共働き希望」より多かったのは「こだわらない」と答えた人で61.5%を占めている。pairsでは「男性の半数以上は『結婚相手と話し合ってライフプランを立てたい』『お相手の希望に合わせたい』と考えているようだ」と分析している。

あわせてよみたい:20代独身OL「専業主婦ってラクそう」に40代主婦が激怒
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP