ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つまらない男に共通する7つの特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

優しそうだから、楽しそうだからなどの理由で、付き合い始めた男性が、しばらく付き合ってみたら、「つまらない男」だったという経験はありませんか?

付き合う前に、その特徴を知っておきましょう。「これ以上付き合うのはヤバイ」と判断できるかもしれません。参考にしてみては?

1.自己中な思考や行動しかできない

異なる考えや感情を持つ2人が長い時間を過ごしていく時に、自己中心的な考えや行動しかできない男性は、包容力や魅力も感じられず、つまらない男かもしれません。

人が話をしているのに、聞かずにさえぎって自分の話をはじめたり、あるいは自分が正しいと人の言うことを聞かないところがあります。

この場合、いくら優しそうにふるまっていても、包容力や思いやりのない「つまらない男」と言えるでしょう。

2.無気力・無感動・行動力なし

無気力で無感動な男性の態度は、ある面では何事にも動じない渋さがあり、また哀愁も感じられます。

そのためか女性の母性本能をくすぐり、一部の女性には人気が出ることも。しかし、最悪の場合、働きもせず、喜びも悲しみも2人で分かち合えない、「つまらない男」である可能性も。

3.器が小さい

簡単に言えば、子どものような考えや行動しかできない男性のこと。人に何か言われればすぐにむきになって反論するなど冷静に状況を判断できないことも。

また、人の意見を聞いてそれが自分の考えと違っていると、その話を聞くことすらできません。

このような男性は、相手の肩書きや腕力を見て態度を変え、弱気になったり、威張ったり、卑屈になったりします。 男性である以上、女性の意見や考えを受け入れる器量の大きさがないと、とても付き合っていく価値のない「つまらない男」になると言えます。

4.優柔不断、自主性や意思がない

何事も、「好きにして良いよ」と言う人は、とても優しく思えるかもしれません。しかし、デートの約束や食事する店くらいならまだしも、子どもを産む・産まない、家を建てる・建てないなどの重要な判断までを相手任せにするのは大きな問題です。なぜなら、決定の責任も相手に任せるという隠れた意思が入っているから。

相手に任せた上で責任を取ってくれる男性もいますが、多くの場合は責任回避される可能性が高いでしょう。

5.いつも否定的、悲観的

何かについて感想や意見などを聞かれて、否定的・悲観的なことしか言えない男性が一部います。

「この映画、面白くなさそうじゃない?」なんてことしか言えない男性には、2つの問題点があります。

思いやり不足と、もうひとつは相手の前向きな行動を消してしまうことです。

楽しさは、否定や悲観からは生まれません。 たとえ、どんな状況でも、そこに何か前向きな考えや行動を起こさせる男性であってほしいものです。

6.「忙しい」が口癖

デートの誘いのために電話やメールで連絡したときに、やたら「忙しい」という男性がいます。あるいは、遅刻の言い訳に使う男性も。

しかし、このようなことを軽々しく言う男性は、あたかも仕事をしているかのように見せかけている可能性があり、お調子者なだけで誠実性に欠けている可能性だってあります。

7.自意識過剰

自意識が過剰な男性は、じつのところ自信がない人です。

どっしりした男らしさがない「つまらない男」です。 このような男性は、自分自身の信念や自信に基づいて逆境を切り開いていく男性とは反対のタイプ。

男性である以上、女性を引っ張っていく精神的な力強さを持っていてほしいもの。長く幸せに付き合っていく上では「つまらない男」は避けたいもの。

男性と付き合うと、良い点しか目に入らなくもなりますが、ここで紹介した7つの特徴を感じたら、少し冷静に、その男性を見つめ直すようにしましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP