ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【最悪】妊婦の腹を切り裂き胎児を取り出して殺された事件 / 妊婦を狙った犯行に新事実

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
00001

2015年3月に発生した、妊婦の腹を切り裂き、胎児を取り出して殺した女の事件。妊婦は九死に一生を得たが、取り出された胎児は女に連れ去られ、のちに死亡が確認された。女は逮捕され、非常にショッキングなニュースとして全国に報じられたが、この残酷な事件について新たな「新事実」が判明した。

・胎児を取り出された
被害者の妊婦は北米に住むミシェル・ウィルキンスさん(26歳)。彼女は情報交換サイト『クレイグスリスト』(Craigslist)をチェック。そこに掲載されていた、幼児服の広告を出していた女と連絡をとったところ、その女に襲われ、胎児を取り出されたのである。

・助けを求めた際の言葉
今回新たに、ミシェルさんがエマージェンシーコールに助けを求めた際の言葉が公開され、話題となっている。以下は、そのときの会話の一部である。

・エマージェンシーコールの内容
妊婦「女が私を切った……」
911「女は何であなたを切ったのですか?」
妊婦「ナイフ……。私は妊娠しています。女は私の腹を切り裂きました……。ものすごく怖いです!!」
911「女はナイフのほかに武器を持っていますか?」
妊婦「ガラスを割って……」
911「ガラス? 女はガラスを割って、そのガラスであなたを刺したのですか?」
妊婦「そう……」

・日本でも妊婦を狙った嫌がらせが横行
ナイフのほか、割れたガラスを使用して腹を刺したというのだ。なんとも恐ろしい犯行だが、日本でも妊婦を狙った嫌がらせが横行しており、他国の事件だからと受け流すことはできない出来事といえよう。

https://youtu.be/t1UwDg7SmaI

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/17/she-cut-me-in-my-stomach/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。