ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マシュー・マコノヒー、スティーヴン・キング原作の『ダーク・タワー』シリーズ映画化で悪役に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マシュー・マコノヒーが、作家スティーヴン・キングが生み出したアイコン的な悪役に照準を合わせている。

複数の情報筋が本誌ヴァラエティに伝えたところによれば、米ソニー・ピクチャーズが製作会社MRCと共に手掛けるキング原作の『ダーク・タワー』シリーズの映画化で、黒衣の男として知られるウォルター・オディム役にマコノヒーを望んでいることが分かった。マコノヒーは脚本を受け取ったばかりで、出演についてはまだ決めていない。

米ソニー・ピクチャーズとMRCはコメントを拒否した。

黒衣の男は邪悪な魔術師で、小説シリーズの第1巻で“ガンスリンガー”の主人公ローランドが追跡する相手だ。このキャラクターはキングのホラー小説『ザ・スタンド』で初めて登場し、ランドール・フラッグの名で通っている。マコノヒーはかつて、このフラッグ役でもオファーを受けたことがある。シリーズ第1巻の『ダーク・タワーI ガンスリンガー』が、映画化シリーズの最初の作品となる。

ニコライ・アーセルが監督を務め、現在のところ2017年1月13日に公開が予定されている。

小説『ダーク・タワーI ガンスリンガー』は、アキヴァ・ゴールズマンとジェフ・ピンクナーによってすでに映画用の脚本にされている。ゴールズマンと製作会社イマジン・エンターテインメントのブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、エリカ・ハギンズがプロデューサーを務め、ピンクナーは製作総指揮も務める。

米ソニー・ピクチャーズはこの映画の配給を担当する。MRCは映画シリーズと共にテレビシリーズの展開も進める予定だ。

マコノヒーは現在、スティーヴン・ギャガン監督の映画『Gold(原題)』の撮影を終え、映画『Sea of Trees(原題)』が今年末の公開を予定している。マコノヒーは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。