体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悪酔いしたことがある人必見! 日本酒でつぶれないために知っておきたい3つのこと

日本酒

利き酒イベント「ジョイ・オブ・サケ東京」や「AOYAMA SAKE FLEA」など、日本酒関連のイベントが賑わうようになってきたこの頃。
蔵元と話ができたり、飲む機会のない種類を飲み比べたりと、日本酒の美味しさや深さに触れることができて、いつも以上にお酒が進んでしまったりして。

 

ところで、あなたは日本酒が好きですか?

日本酒に関わるお仕事をしていると、ときどき「私は日本酒が苦手で……」と申し訳なさそうに言われることがあります。

理由はさまざまですが、「日本酒を飲むと気分が悪くなってしまう」という回答がほとんど。
世間では、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持つ人が多いようです。

 

そこで今回は、「日本酒を飲んで気分が悪くなる人」の実態を知るため、男女150名にアンケートを実施。

まず、日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

日本酒で気分が悪くなった経験

結果、7割もの人が「日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある」と回答。

こんなにたくさんの人が悪酔いをしたことがあるなら、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持たれてもおかしくないかもしれませんね。

 

3つの原因を知れば、日本酒で悪酔いしない!

日本酒で悪酔いをする人は、「日本酒は私の体質に合っていない」と考えているのではないでしょうか。

しかし、必ずしもそうとは限りません。
日本酒で酔ってしまう人は、“体質”よりも“飲み方”に原因がある場合が多いのです。

ここからは、アンケートの回答をもとに“あなたがなぜ日本酒で悪酔いしてしまうのか”を見ていきましょう。

 

【原因1】よくないお酒のトラウマが残っている

日本酒が苦手な人の中には、「初めに飲んだ日本酒で失敗したから、それ以来飲んでいない」という人も少なくないようです。

そこで、日本酒で気分が悪くなった経験がある人に、初めて飲んだ日本酒について質問してみました。

初めての日本酒

最も多かったのが、36%の「学生時代にコンパで飲んだ」という回答です。

今となっては、居酒屋のチェーン店にも有名蔵元のお酒が置かれていますが、かつて学生の行く居酒屋で飲める日本酒といえば、安さを優先したクオリティの低い商品がほとんどでした。

これらの日本酒は、含まれる醸造アルコールの割合が高かったり、甘味料などの添加物を加えたりしていることが多いため、悪酔いを引き起こす可能性が高いのです。

 

「大学生のとき、飲み会の罰ゲームといえば日本酒の一気飲みでした!」(20代・女性)

「コンパで先輩に無理矢理大量に飲まされました……」(30代・男性)

しかも、こんなよくない飲み方をしては、悪酔いしてしまうのも当たり前です!

 

【原因2】日本酒を一度にたくさん飲み過ぎている

続いて、一晩に飲むお酒の量を聞いてみました。

一晩に飲む酒量
1 2次のページ
生活・趣味
omotanoの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。