ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悪酔いしたことがある人必見! 日本酒でつぶれないために知っておきたい3つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

利き酒イベント「ジョイ・オブ・サケ東京」や「AOYAMA SAKE FLEA」など、日本酒関連のイベントが賑わうようになってきたこの頃。
蔵元と話ができたり、飲む機会のない種類を飲み比べたりと、日本酒の美味しさや深さに触れることができて、いつも以上にお酒が進んでしまったりして。

 

ところで、あなたは日本酒が好きですか?

日本酒に関わるお仕事をしていると、ときどき「私は日本酒が苦手で……」と申し訳なさそうに言われることがあります。

理由はさまざまですが、「日本酒を飲むと気分が悪くなってしまう」という回答がほとんど。
世間では、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持つ人が多いようです。

 

そこで今回は、「日本酒を飲んで気分が悪くなる人」の実態を知るため、男女150名にアンケートを実施。

まず、日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

結果、7割もの人が「日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある」と回答。

こんなにたくさんの人が悪酔いをしたことがあるなら、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持たれてもおかしくないかもしれませんね。

 

3つの原因を知れば、日本酒で悪酔いしない!

日本酒で悪酔いをする人は、「日本酒は私の体質に合っていない」と考えているのではないでしょうか。

しかし、必ずしもそうとは限りません。
日本酒で酔ってしまう人は、“体質”よりも“飲み方”に原因がある場合が多いのです。

ここからは、アンケートの回答をもとに“あなたがなぜ日本酒で悪酔いしてしまうのか”を見ていきましょう。

 

【原因1】よくないお酒のトラウマが残っている

日本酒が苦手な人の中には、「初めに飲んだ日本酒で失敗したから、それ以来飲んでいない」という人も少なくないようです。

そこで、日本酒で気分が悪くなった経験がある人に、初めて飲んだ日本酒について質問してみました。

最も多かったのが、36%の「学生時代にコンパで飲んだ」という回答です。

今となっては、居酒屋のチェーン店にも有名蔵元のお酒が置かれていますが、かつて学生の行く居酒屋で飲める日本酒といえば、安さを優先したクオリティの低い商品がほとんどでした。

これらの日本酒は、含まれる醸造アルコールの割合が高かったり、甘味料などの添加物を加えたりしていることが多いため、悪酔いを引き起こす可能性が高いのです。

 

「大学生のとき、飲み会の罰ゲームといえば日本酒の一気飲みでした!」(20代・女性)

「コンパで先輩に無理矢理大量に飲まされました……」(30代・男性)

しかも、こんなよくない飲み方をしては、悪酔いしてしまうのも当たり前です!

 

【原因2】日本酒を一度にたくさん飲み過ぎている

続いて、一晩に飲むお酒の量を聞いてみました。

どちらもトップは「3、4杯」ですが、日本酒で気分が悪くなったことがある人のうち「5杯以上飲む」という人は45%と半数近く。日本酒で気分が悪くなったことがない人の倍の割合となっています。

さらに、一晩に何種類ものお酒を飲む「ちゃんぽん」をしたことがあるかを尋ねてみたところ、日本酒で気分が悪くなったことがある人の9割が「する」と回答しました。

日本酒で悪酔いをしたことがある人は、そもそもお酒を飲みすぎているのかもしれません。

 

何を隠そう、日本酒はグイグイ飲むお酒には適していないのです。

その理由は主に2つあります。

(1)日本酒はアルコール度数が高い!

平均的な日本酒のアルコール度数は約15度。高いものでは、20度前後のものもあります。
つまり、アルコール度数が5度程度のビールやサワーと同じようにガブガブ飲んでいると大変なことに……。

日本酒は優しい味わいで口当たりが良いため、思わずたくさん飲んでしまいそうになるのでしょう。

 

(2)日本酒は味が複雑

日本酒を飲んで酔っぱらってしまう人の中に、「焼酎のほうが度数が高いのに、焼酎は飲んでも酔わない」という人がいるのではないでしょうか。

焼酎は「蒸留酒」という種類のお酒で、つくられる過程でいろいろな成分が取り除かれていきます。

一方、日本酒やワインなど「醸造酒」と呼ばれるお酒は、焼酎にはない成分がたくさん残っています。
これらの成分は、旨みたっぷりな味わいを生み出してくれますが、この成分が多いほど、肝臓は消化をするのが大変になるのです。

 

【原因3】水を飲んでいない

日本酒の飲み方を知っている人は、お酒と一緒に「やわらぎ水」と呼ばれる水を飲んでいます。

アンケートでは、日本酒で悪酔いをしたことがある人もない人も、「日本酒を飲むとき水を飲む」という人は半数程度に留まりました。

先ほども説明したとおり、日本酒はアルコール度数が高く、味わいが複雑。
水で割る代わりにお酒と同量程度の水を飲むことで、体内のアルコール度数を中和させ、肝臓の負担を減らすことが大切です。

 

いかがでしたか? 自分が日本酒を飲んで酔っぱらってしまう原因がわかったのではないでしょうか。

日本酒を飲んで悪酔いしないためには、じっくりと時間をかけて、味わいながら飲むこと。自分の飲み方をきちんと見つめ、正しい飲み方を知ることが、楽しいお酒生活へとつながります。

 

監修:木村咲貴

漫画ブログ「利酒ライターの肝機能向上トレーニング」

関連記事リンク(外部サイト)

【実証】男性の9割以上が支持!? “ぽっちゃり女子ブーム”はホントにきてるの?
上野ガード下で絶品馬モツを堪能!【女子一人酔いどれ放浪記】
【オープンに並んでみた】話題の「ドミニクアンセルベーカリー」は大行列必至!?
30代女性の生脚に5割が「NO」!? じゃあ、何を履くのがベストなの?
シャンプーのCMみたいなサラツヤ髪が自宅で作れる!?プロのテクニックを大公開!【動画あり】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP