ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Elephant Man、Third Worldとのコラボも実現したハワイのサーファー O-Shen

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland ReggaeのHOTなニュースをお届けしています。

来週のサンクスギビングホリデーは祖父のところに集合なので、LAに行ってきます。日本ではどんなサンクスギビングデイをするのかな? 最近は観光客もすっかり見かけなくなって、波も日増しに大きくなってきています。1月にはJawsという30フィートの波が来て、やがてクジラも来るのでまた観光客が増えるシーズンになります。

今日はオアフ島のサーファーで、パプア・ニューギニア出身のO-Shen(オーシェン)を紹介します。O-Shenの両親はドクターで、パプア・ニューギニアに研究のため移住、中学まで人口1500人の村でターザンのような暮らしをしていました。お友達は槍を持って、鼻や耳に骨の輪を飾っているお友達やご父兄たち…だとか。そんなトロピカルな大自然の中で育ちました。ママがO-shenから見せてもらった同窓会の写真はO-shen以外、槍を持って骨を飾っている写真だったそうです。
http://youtu.be/Q97ZNgxkbnQ
15歳でアメリカに戻り、やがて音楽を始め、常にパプア・ニューギニアの事をテーマにした音楽づくりを行なっていきます。そのトロピカルなサウンドはハワイでも有名になり、アルバム『Rascal in Paradise』はパプア・ニューギニアでMVを撮影し、ハリウッド映画「50Fiest Dates」のサウンドトラックにも採用されました。やがてこのMVはハワイの名誉でもある「Na Hoku Hanohano Award」のReggaeアルバムで1位になりました。

ハワイのisland Reggaeの大御所Fijiの目にも留まり、ジャマイカではElephant ManやThird Worldともコラボレーションするようにもなり、リリースするアルバムはハワイ中のisland Reggaeファンが購入するほどの人気に! リリースしてはサーフィンに夢中になり、しばらくするとまたリリース、冬はスノーボードに夢中になり、しばらくすると新しいアルバムをリリースするという感じで、メジャーを目指すより、人生楽しんで音楽づくりをしている興味深いIsland Reggaeアーティストです。

紹介するIsland Jewelはママがプロデュースした「808 Maui」にも入っています。パプア・ニューギニアの魂が入ったO-Shenの曲、是非聴いてみてね!
Mahalo

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP